太陽の恋人 クール・ワンズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽の恋人 クール・ワンズ

1967年7月29日公開,0分
  • 上映館を探す

ジョイス・ゲラーの脚本を「ハレム万才」のジーン・ネルソンが監督した青春歌謡もの。撮影はフロイド・クロスビー、音楽はエヴェレット・ヒューズ、作詞はリー・ヘイズルウッド、作曲はアーニー・フリーマンが担当。出演はTV「カレン」のデビー・ワトソン、ジル・ピーターソン、「サンセット物語」のロディ・マクドウォール、人気歌手エルバ・ミラーほか。製作は「シーサイドの男」のウィリアム・コンラッド。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヘイリー・ロジャース(デビー・ワトソン)は素晴らしい歌手になりたいと思っている娘であった。そして有名なテレビ・ショー「ホイズバム!」の出演テストに申し込んだが、プロデューサーのフレッド・マッケンウェイン(フィル・ハリス)に軽く一蹴される始末で前途は厳しかった。だが彼女は歌わせて貰えなくてもいいからと、「ホイズバム!」のステージの檻の中でゴー・ゴーを踊るダンサーの仕事にありついた。そして機会あるごとにプロデューサーのフレッドにくいさがったが受け入れられず、ついにある日最後の手段に出た。ショーの真最中、いきなり檻をとび出しカメラの前で思いきり歌い、踊りまくったのだ。フレッドの怒りにふれてヘイリーはその日限りで番組をおろされてしまったが、視聴者の人気は上々だった。ヘイリーはうさ晴らしにパームスプリングへ行き、スタンが経営するゴー・ゴー・クラブに顔を出した。そこでは最近レコードの売れゆきが悪くて意気消沈しているクリフ(ジル・ピーターソン)が歌っていた。彼は「ホイズバム!」でヘイリーを見ていたからたちまち意気投合、スタンもヘイリーのマネジャーを買って出た。だがスタンの弟トニー(ロディ・マクドウォール)がマネジャー業界では敏腕で通っていて、ヘイリーとクリフを組んで売り出すことになった。そこで彼は2人の間にロマンスをデッチあげゴシップで彼女の名前を宣伝する作戦に出た。ヘイリーは最初反対したが人気が急上昇するに及んで、トニーに調子をあわせた。クリフはヘイリーの芝居を真にうけて本気に彼女を愛し始めた。だがそれが嘘と知ったクリフは怒り、懸命に言いわけをするヘイリーに耳を貸さなかった。いつしかヘイリーもクリフを愛していたのだが、歌手をやめるなら結婚すると言われて力を失った。そんな時「ホイズバム!」出演が決定した。だがヘイリーはステージに現れなかった。彼女は歌手を捨てて、クリフと結婚する意志を固めていたのだった。

作品データ

原題
The Cool Ones
製作年
1966年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?