映画-Movie Walker > 作品を探す > 瞳をとじて

瞳をとじての画像

フランスのノーベル文学賞作家アンドレ・ジッドの不朽の名作『田園交響楽』を翻案したラブストーリー。舞台を古都・鎌倉に移して、虐待を受けて育った盲目の少女と教育者の悲恋を描く。監督は、「湘南ものがたり」の葉山陽一郎。出演は、「愛の新世界」の萩原流行、「陰陽師II」の福地亜紗美、「ラムネ」の前川紘毅

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

日本の古都、鎌倉。元高校教師の神野智明(萩原流行)は、学校をドロップアウトした子供たちに儒教の教えをモットーに更生活動を行っている。神野はある日、親に虐待を受けていた盲目の少女・百合絵(福地亜紗美)を預かる。学校に行かせてもらえず、犬小屋で犬と一緒に育てられた百合絵は、世の中のことを何も知らない。神野は彼女に粘り強く教育を施し、純粋無垢で知性的な美しい女性へと成長させる。そのうち神野は、百合絵を生徒としてではなく、一人の女性として愛するようになる。神野の妻・晶子は、神野の気持ちに疑念を持ち始める。さらに神野の長男・孝之(前川紘毅)も百合絵に心を奪われるが、百合絵は神野を愛していると言う。そんななか、百合絵が手術によって目が見えるようになることが判明し、神野は私塾の生徒たちのために貯めた金を、妻に内緒で手術費用に充ててしまう。百合絵の手術は成功し、目が見えるようになる。しかし百合絵は、思い描いていた愛する人の顔が、神野ではなく孝之だったことに驚き、動揺する。神野の愛を拒み、百合絵は孝之と結ばれる。孝之に嫉妬した神野は、自らの手で孝之を殺してしまう。それを目撃した晶子は、百合絵をなじる。百合絵はすべて自分のせいだと思い、家を飛び出す。その後を追った神野と百合絵の運命は……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 シネアスト
上映時間 107
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 葉山陽一郎
プロデューサー 小林直之菅乃廣
脚本 葉山陽一郎
脚色 禅正聡
撮影 横山拓矢
美術 品田裕介
編集 横山拓矢
録音 河合承平
助監督 高橋大武
照明 守利賢一
ライン・プロデューサー 小山直樹
制作 かねださとき宮内隆臣
衣装 佐藤真澄
スタイリスト 菅原香穂梨
メイク 石野一美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 瞳をとじて