宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟|MOVIE WALKER PRESS
MENU

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

2014年12月6日公開,112分
  • 上映館を探す

社会現象も巻き起こした不朽のSFアニメをリメイクし、話題を呼んだテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作となる劇場版。コスモリバースシステムを入手し、地球への帰還を急ぐヤマトとその乗組員たちが、謎の敵ガトランティスと遭遇し、壮絶なバトルを繰り広げる。テレビシリーズでは語られなかったバトルの行方が明らかになる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

汚染された地球を浄化再生させるコスモリバースシステムを受け取り、地球への帰還を目指すヤマト。だが、大マゼラン外縁部で彼らの前に謎の敵が現れる。ヤマトの引き渡しを要求する彼らの攻撃を避け、ワープしたヤマトは異空間に迷い込んでしまう。そして、謎の惑星へと降り立った古代らは、そこにあるはずのない艦(ふね)を見つける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
112分

[c]西崎義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • ひゃん

    3
    2014/12/31

    ヤマト2199には多大の恩と感謝の意を持っているんですが、
    オリジナルがススーっと見事に終わったところで、さぁ今回!
    どんな話になるんだろなー。完全新作だっていうしー!と、
    ある意味またとっても期待を高めて観に行ったわけです。
    んー。。。良いか悪いかは好みの問題だとは思うのですが、
    個人的には「あーまたそっちへ行っちゃったわ」という感じで、
    今や地球は壊滅的危機を迎えているというのにまた寄り道^^;
    (早く帰らせてやりましょう)
    ガトランティスを登場させてはいるけれど、ほぼ番外編に。

    何かホントにもう、時代はヤマトもニュータイプなんですね。
    もちろん旧世代マニアが喜ぶネタもあるにはありますが、
    如何せん話の方向性が違うので古代と雪はもう脇キャラ扱い。
    閉じ込められた「ホテル・カルフォルニア」?的なエピソードが
    思いのほか長ーいため、だんだんと睡魔が襲ってきたのでした。
    (バーガーさんは面白かったですけど)

    そして後半。
    ガミラスと共闘してガトランティス攻撃!に腕をふるうヤマト。
    しかし本体はまだ出てこないし…。あぁ、それは続編か。
    あくまでサブなストーリーにケチをつけても仕方ないんだけど、
    よく繋いでるという評価がある一方で、私のような捻くれ者が
    (というよりただの短気)早く地球に帰らせて、それから続編!
    なんて思うのもお許しください。まぁこれで…次回が楽しみに
    なったというのもありますが(サーベラーが出てきてワクワク)
    さらば~的なお話にはならないでしょうから、それだけは救い。

    (旧世代はどうしても古代と雪のロマンスが恋しい。古代くぅん!)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ローズ

    4
    2014/12/27

    イスカンダルで汚染浄化システムを得て地球に急ぐヤマトの前に、ガトランティスのゴラン・ダガームが現れる。窮地をしのぐためワープしたヤマトは異空間に迷い込み、謎の惑星に吸い寄せられていく。
    成り行きで、かつての敵と組んで戦うことになるヤマト。歴史は繰り返されるが、人は過去から学び、より良い未来を手に入れることも出来る。相手の立場になって考えることが出来たら、違いを乗り越え、わかり合うことは出来る。アニメだけど、それ以上のメッセージがある。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 門倉カド

    4
    2014/12/20

    【賛否両論チェック】
    賛:古き良き世界観と、最新のCGが合わさり、迫力の宇宙戦争の様子が表現されている。シリアスとコミカルのバランスもイイ感じで、長年の仇と打ち解ける過程が感動を誘う。
    否:冒頭までの流れを解説してくれるわけではないので、前知識が必要不可欠。

     特に詳しい説明をしてくれるわけではないので、予備知識は必須です。知らないと、なんとなく雰囲気で流されたまま終わってしまいそうです。逆に昔の作品を知っている人には、感動必至のストーリーだと思います。
     長年憎しみあっていた人類とガミラスとの間に、ひょんなことから絆が生まれ、やがて“ガトランティス”という強力な共通の敵を前に、共に同じ方向を向いて戦っていく様に、非常に感慨深いものがあります。
     現代にふさわしい完全新作の物語です。ヤマト好きな方もそうでない方も、是非ご覧になってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告