映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・ローリング・ストーンズ スウィート・サマー・サン ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013

ザ・ローリング・ストーンズ スウィート・サマー・サン ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013の画像

ローリング・ストーンズがロンドンのハイド・パークで、2013年7月6日、13日の二日間にわたって行ったコンサートの模様を収録した音楽ドキュメンタリー。両公演からのベスト・テイクにボーナス映像も加え、二日間の熱演を伝える。収録曲は、『ホンキー・トンク・ウィメン』、『スタート・ミー・アップ』など。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2013年7月6日、13日の二日間にわたってロンドンのハイド・パークで、ローリング・ストーンズの凱旋コンサートが行われた。同地でのコンサートは44年振りとなるが、そのときのコンサートは彼らにとって特別な意味合いを持つものだった。1969年7月5日、ハイド・パークで新メンバーお披露目のためのフリー・コンサートを企画するが、その直前の7月3日、グループ離脱を表明したばかりの元メンバー、ブライアン・ジョーンズが自宅で謎の死を遂げる。急遽、故人の追悼にテーマを替えて開催することになるが、野外の大規模コンサートは、当時のストーンズには敷居が高すぎた。新メンバーを加えて初めての人前での演奏であり、PAシステムや演出装置もまだ未整備で、会場警備にも問題のある時代だった。そんな状況でも巨大ロックビジネスの時代へ向けて一歩を踏み出した、ストーンズにとってメモリアルな場所なのだ。その後、ロックンロール界の王者となった彼らが、44年前にお披露目した新メンバーで、すでにグループを脱退したギタリスト、ミック・テイラーを帯同してハイド・パークに戻ってきた。ミック・ジャガーが44年前と同じ白い衣装で『ホンキー・トンク・ウィメン』を歌ったほかはノスタルジーに頼ることなく、現在の実力を存分に見せつける演奏を繰り広げたストーンズ。44年前とは打って変わり、森を模した巨大なステージ・セットで、エネルギッシュなステージを熱演。オープニングの『スタート・ミー・アップ』からアンコールの『無情な世界』『サティスファクション』まで二日間で演奏したそれぞれ19曲から、選りすぐりのベスト・テイクを本作に収録。さらに、『ダイスをころがせ』『黒くぬれ』『ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン』をボーナス映像として追加し、記念すべき二日間のコンサートのほぼ全貌を収めた。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

原題 The Rolling Stones 'Sweet Summer Sun: Hyde Park Live'
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ソニー" Livespire "
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・ローリング・ストーンズ スウィート・サマー・サン ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013