BAYONETTA Bloody Fate|MOVIE WALKER PRESS
MENU

BAYONETTA Bloody Fate

2013年11月23日公開,89分
PG12
  • 上映館を探す

世界中にファンを持つアクションゲーム『ベヨネッタ』を「アフロサムライ レザレクション」の木崎文智監督が長編アニメ化。人知を超えた肉体と能力を持つ魔女の失われた記憶を巡る旅を描く。声の出演は「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の田中敦子、「ストライクウィッチーズ 劇場版」の園崎未恵、「キャプテンハーロック」の沢城みゆき、「アシュラ」の玄田哲章。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

自分が魔女であること以外、記憶を持たない女・ベヨネッタ(声:田中敦子)。両手両足に銃火器を装備し、打撃と同時に銃弾を撃ち出す魔女一族に伝わる格闘術“バレットアーツ”を得意とし、自身の髪の毛に魔の力を宿して放つ魔術“ウィケッドウィーブ”は、強大な魔獣を現世に顕現させて天使たちを片っ端から食い尽くす。襲い来る天使を狩る日々を送っていたベヨネッタは、ある日突如舞い込んだ情報により、失われた記憶を求めて宗教都市ヴィグリッドへと旅立つこととなる。そこには過去の記憶を呼び覚ます数奇なる出会いが待ち受けていた。漆黒の四丁拳銃を愛用し、ベヨネッタの過去を仄めかす妖しい女・ジャンヌ(声:園崎未恵)、ベヨネッタを執拗に付け回すジャーナリスト・ルカ(声:浪川大輔)、そして彼女をマミーと呼んで懐いてくる幼い少女・セレッサ(声:沢城みゆき)。ベヨネッタの失われた記憶には何が隠されているのか。そしてその先に待ち受けている彼女の運命とは……。

作品データ

原題
Bayonetta Bloody Fate
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
89分

[c]SEGA/BAYONETTA FILM CLUB [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • YO99

    5
    2013/11/28

    原作ゲームは知りません。しかし、「アフロサムライ」木崎さんにGONZOが絡んだ長編アニメと言う事で脇目も振らず飛び付きました。しかも「攻機」の田中さん、「ストライク劇場版」の園崎さん、「キャプテンハーロック」の沢城さん達が声を入れてるとなれば尚更です。
    「T&B」似の画や「ウィッチブレイド」似の仕立て「セーラームーン」流変身が美巧です。早いけど滑らかでどこか艶が有り、黒基調なのに巧みな差し色使いで重さや硬さを感じさせません。「マルドゥックS」的透明感と色彩感さえ感じられます。魔術技法は「鋼の~」や「とある~」ほどには細かく扱われてなくてアクションの土台的です。
    賢者と魔女が世の支配を争い、掟破りの両者のハーフが全ての存亡の鍵となる魔女で主人公。元凶が最後の賢者で世界の破壊浄化を企み妻=母=魔女を殲滅した実父。凶行を凌ぐために500年睡眠させられた後に記憶喪失のまま賢者の使徒=天使を狩る。今際の母の願いと独り生き残った旧友の力で宇宙を凌駕する弩級激闘で父を葬る。
    闘技「バレットアーツ」は見物です。自髪魔術「ウィケッドウィーブ」も魔獣召喚技で圧巻ですが、髪がボディスーツも兼ねているので発動時は露出大になってしまい色気も増大します。メガネの菩薩顔というのも不思議な魅力を放っています。
    先着来場者特典でセル画風A4クリアシートを頂きました。20種類の中で「上半身背越し見返りのどや顔ベヨネッタ」だったのは感激です
    ゲーム同様に2ndを切望する極上アニメです。しかし、上映館激少で2週間期間限定は酷ですネエ~。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告