パリ、ただよう花|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パリ、ただよう花

2013年12月21日公開,105分
  • 上映館を探す

リウ・ジエがインターネット上で発表した小説『裸』を、「スプリング・フィーバー」のロウ・イエが監督・脚本を手がけ映画化。パリと北京を舞台に、女性の“愛の問題”を描く。出演は、フランス生まれの中国人モデル兼女優のコリーヌ・ヤン、「預言者」のタハール・ラヒム。撮影は、「四川のうた」のユー・リクウァイ。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北京からパリにやって来たばかりの若い教師・花(コリーヌ・ヤン)は、なじみのない街で様々な男と体を重ねる。自分の狭いアパートと大学の間、かつての恋人たちとフランスで新たに出会った人々の間を漂う花は、ある日、建設工のマチュー(タハール・ラヒム)と出会う。一目で恋に落ちた二人は、お互いある秘密を抱えたまま、激しく肉体を求め合う……。

作品データ

原題
Love and Bruises
製作年
2010年
製作国
フランス 中国
配給
アップリンク
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • 絶対色気値

    4
    2014/4/20

    ガテン系の男にレイプされ、それ以来付き合い始めたフランス男と中国女の恋愛とセックス。誰とでも寝る女の愛とは。
    男は女を愛することはできても理解することはできない。

    主人公の男にまったく魅力を感じなかったので入り込めなかったが、女性はどう思うのだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告