映画-Movie Walker > 作品を探す > マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ

予告編動画を見る マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズの画像

10年にわたり、フランス版「VOGUE」誌の編集長を務め、ファッション界に多大な影響を与えるカリーヌ・ロワトフェルド。新雑誌「CR Fashion Book」を立ち上げるなど、59歳のいまも現役で活躍し続ける彼女の姿をとらえたドキュメンタリー。なによりも家族を大事にする彼女の編集者であり、妻であり母としての顔が明らかになる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 2
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 20% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

18歳でモデルとしてキャリアをスタートさせたカリーヌ・ロワトフェルドは、20代で「ELLE」の編集者・スタイリストに転身。高いクリエイティブ力を発揮して一躍注目され、トム・フォードのミューズとしてグッチやイヴ・サンローランのブランドのスタイリングに携わる。2001年から10年に亘り、フランス版「VOGUE」誌の編集長として数々の斬新な誌面を手掛け、ファッション界に旋風を巻き起こした彼女はVOGUE退任後、59歳で自らのイニシャルからなる新雑誌「CR Fashion Book」を創刊。その製作過程から発売までをカメラが追いかける。また、第一線で活躍しながらも「家族とプライベートが何よりも大切」と断言するカリーヌが初孫の誕生に立ち会う姿や、長年連れ添うパートナーとの秘話なども紹介。さらにはトム・フォード、ドナテラ・ヴェルサーチ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエら世界的デザイナーや、カニエ・ウェスト、アリシア・キーズ、坂本龍一、ビヨンセ、サラ・ジェシカ・パーカーら著名人たちとの交友も綴られる。常にピンヒールで女らしさも忘れないカリーヌのスタイルには“仕事の幸せ”と“人生の幸せ”が見事に共存しているのだった。

見たい映画に
登録した人
26

作品データ

原題 MADEMOISELLE C
製作年 2013年
製作国 フランス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 93
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

求めるものを追い続ける女性のしなやかさ

投稿者:YO99

(投稿日:2014/05/18)

カミさん同伴で観賞。凄くパワフルなドキュメンタリーです。映像…

[続きを読む]

支持者:0人

高いコストパフォーマー

投稿者:seapoint

(投稿日:2014/05/17)

ファッションを作り出す者は、今を見ていては遅い。一歩先を読み…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ