映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 太平洋攻防戦

「これがアメリカ艦隊」の姉妹編的な映画で、主演者のジェームズ・キャグニー及びパット・オブライエン、監督のロイド・ベーコン、共同脚色のアール・ボールドウィン、撮影のアーサー・エディソンは、全て「これがアメリカ艦隊」のスタッフである。原作は飛行機もので名高いジョン・モンク・ソーンダースが書き、脚色には「百万円貰ったら」のマルコーム・スチュアート・ボイランがボールドウィンと共同している。助演者は「生活と恋愛」「スター悩殺」のマーガレット・リンゼイ、「これがアメリカ艦隊」「流行の王様」のフランク・マクヒュー、「お姫様大行進」のジョン・アーレッジ、「夜の12時」のヘレン・ロウエル、ロバート・バラットラッセル・ヒックス、ウィリアム・デヴィッドスン、ワード・ボンドの面々である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

トミー・オトゥールは、自惚れの強い生意気な青年であったが、飛行家にしては、天才的技能を持っていた。彼と同郷で、彼を弟のように愛していたブラニガン中尉は、彼の技量を認めて、彼を、海兵隊所属の飛行学校の生徒に推薦するが、入学の当日、トミーは自分の飛行機に乗って、海兵隊本部の上空を縦横に飛び回り、海兵隊幹部の心証を損ねてしまう。ブラニガン中尉はトミーに対して軍規の神聖を説くが、傍若無人のトミーはそれに従わないので、彼は次第に同僚にも嫌われる様になる。しかしトミーは、自覚するところ全く無く、ブラニガン中尉の許婚ベティー・ロバーツの店に行っては、失敬な振る舞いをしていた。ベティーは全く困り、ブラニガンに訴えたので、ブラニガンは、再びトミーに注意したが全く役に立たなかった。そのうちに、試験飛行の日が来た。トミーはブラニガンの同乗で飛び出すが、彼らの機は上空で自然発火した。危険を見たブラニガンは、落下傘で飛び下りるが、トミーは燃えつつある機体を巧みに操縦して無事着陸に成功する。そのため彼は一躍名を上げたが、それによって、彼の自惚れはますます高ずるばかりであった。そしてベティーは2人が喧嘩してはブラニガンの名に傷が付くので、ある晩トミーをブラニガンの眼からかくまうが、トミーはベティーが自分を愛しているからと思い違いする。トミーは、試験に及第し、少尉に進級した。そのとき、政府から、海兵隊に命令が下った。即ち、青軍は、太平洋上にある米土本進行に向かう。海兵隊は攻撃軍として航空母艦サラトガに乗艦すべし、というのである。米国全艦隊を挙げての作戦が開始され駆逐艦隊と、航空隊は、敵国に一大煙幕を展開した。敵前上陸の準備工作である。トミーとブラニガンは、その時攻撃機を操縦して敵前上陸の終わる頃、密雲のごとき煙幕の中で僚機と空中接近をして、翼を半分飛ばされてしまった。トミーはそれに驚愕し、機を見捨てて飛び下りようとするが、ブラニガンは彼に操縦を命じ、自ら翼のうえに這い出て、機の平衡を保ち、無事に着陸する。それには、さすがのトミーも敬服したのであった。ブラニガンはベティーが何時か若いトミーに恋していることを知るや、彼女とトミーの幸福を祈って、他部隊に移動を願い出て去ったのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Devil Dogs of the Air
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 太平洋攻防戦