U・ボート ディレクターズ・カット|MOVIE WALKER PRESS
MENU

U・ボート ディレクターズ・カット

2013年9月28日公開,208分
  • 上映館を探す

第二次大戦中の独軍潜水艦の過酷な戦いを描いた戦争ドラマを、公開から16年後の97年にウォルフガング・ペーターゼン監督自ら1時間以上ものフッテージを追加し再編集したディレクターズカット版。出演は、「ダ・ヴィンチ・コード」のユルゲン・プロホノフ、「哀愁のトロイメライ」のヘルベルト・グリューネマイヤー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1941年、ナチス占領下のフランスの港町ラ・ロシェルの酒場は、ドイツ兵たちで賑わっていた。そのなかには、陸での最後の夜を楽しむ潜水艦Uボートの乗組員たちもいた。最年長で30歳の艦長(ユルゲン・プロホノフ)のほか、乗組員たちは20代前半ばかり。初めてUボートに乗り込む報道部記者ヴェルナー(ヘルベルト・グリューネマイヤー)は22歳だった。翌日の早朝、艦長を含めて総勢43名がU96で出発する。艦長はまず、U96が水深何メートルまで潜ることができるかテストをする。水深計は160メートルを指した。夜、ヴェルナーは興奮したまま、乗組員たちの話を聞いていた。そんな日が何日か過ぎ、やっと攻撃命令が下される。敵の艦隊を攻撃するため潜航を開始したU96艦内に緊張したムードが溢れ、乗組員たちは肉体的にも精神的にも極限状態になる。魚雷が発射し、駆逐艦が現れる。敵の爆弾で艦内に破片が飛び、U96は水深230メートルに達してプレッシャーバルブが力尽きる。しかし、150メートルまで浮上して、魚雷で敵方を壊滅する。いよいよ難関であるジブラルタル海峡を通過するU96。予想通り致命的な攻撃を受けたU96は砲台を飛ばされ、最悪の事態となる。水深は280メートルの海底に達し、艦内は失望で包まれた。しかし艦長は希望を捨てず、修復作業を命じる。そして見事浮上したU96は翌朝、ラ・ロシェルの港へ戻ってくる。乗組員たちの出迎えのパレードが行なわれていたそのとき、上空に敵方の爆撃機が現れる。辺りは一瞬で修羅場と化し、U96が沈むのを見届けた艦長はそのまま息絶えるのだった……。

作品データ

原題
Das Boot
製作年
1997年
製作国
ドイツ
配給
角川書店
上映時間
208分

[c]1981 Barvaria Film GmbH [c]1996 Barvaria Film GmbH [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • 銀さん

    5
    2015/9/23

    第2次世界大戦時におけるドイツ潜水艦乗組員の生と死の葛藤をリアルに描いているが、さすがにお国柄。黙示禄的な雰囲気である。派手な戦闘シーンは全くなく、ほとんどが、潜水艦の艦内での出来事で、一篇の戯曲を見る趣がある。
    艦内は、まるでマチス・グリューネバルトの祭壇絵のような、奇妙な生々しさと重厚さとが重なり合い、潜水艦の機器が異様な生き物のように描かれている。光と影を効果的に取り込み、サイレントの名作ムルナウの「カリガリ博士」を彷彿とさせる演出は、やはりドイツ映画の伝統が生きているのかなあ。ハリウッドではこうはいかない。
    ラストには反戦のメッセージをさりげなく取り込み、きちんと締めている。
    正統派ドイツ映画の秀作である。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告