ラッシュ プライドと友情|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラッシュ プライドと友情

2014年2月7日公開,123分
PG12
  • 上映館を探す

日本でも絶大な人気を誇るモータースポーツの最高峰、F1。その1976年シーズンの壮絶なチャンピオン争いに迫るヒューマンドラマ。事故で大やけどを負いながらもシーズン中に復帰したニキ・ラウダと彼の不在時に強さを見せたジェームス・ハント。性格もドライビングスタイルも正反対な2人の戦いを臨場感あふれるレースシーンとともに描く。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1976年シーズンのF1。フェラーリのドライバー、ニキ・ラウダとマクラーレンのドライバー、ジェームス・ハントが激しい王者争いを繰り広げるが、第11戦のドイツGPでラウダは激しいクラッシュによって、死の淵をさまよう。ところがわずか6週間後の第12戦、イタリアGPで復帰し、王者争いは富士スピードウェイでの最終戦にもつれこむ。

作品データ

原題
Rush
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ(提供 ギャガ=ポニーキャニオン
上映時間
123分

[c]2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.1
  • お水汲み当番

    3
    2020/7/19

    そりゃ、もう、お金を掛けまくって撮影したことは分かりますよ。
    でも、それだけ。

    「二人の天才ドライバーがいました、とさ」、という映画に過ぎないので、仰々しい宣伝文句に惹かれて期待していると、期待は大きく裏切られると思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • フジ三太郎

    4
    2018/5/14

    一番印象に残るのは、ハントがラウダにフックを仕掛けた記者をぶちのめす場面。数年前のフジドラマ「若者たち」で刑務所帰りの弟(瑛太)を馬鹿にした社長に蹴りを入れる兄(妻夫木聡)に、それまで呼び捨てにされていた弟から「あさ兄」と呼ばれてハッとする妻夫木が良かった。そんな感じの場面です。
    あとは、当時の有名人がセリフに登場して驚かされる。F1レーサーがモテるのは、ゴクミとジャン・アレジでもおなじみですが、当時は、ハントの元妻がエリザベス・テーラーと離婚したリチャード・バートンと付き合っていたりします。他にもラウダの妻になる女性が出ていたパーティで、独の名優クルト・ユルゲンス(後に「007 私を愛したスパイ」の悪役で出演)の悪口を言ってたり。
    F1には、プラモデルを通じて有名レーサーの名前を覚えたので、彼らの先輩、クレイ・レガゾーニ、マリオ・アンドレッティ、ジャッキー・イクス等の名前が出て、その時代に還ったような気分。
    深夜のフジで放映(フジらしい選択!)してたのを録画して鑑賞。消すのが勿体ない映画。

    追伸:あの時代を覚えている人ならニヤリとする、タイレルの6輪車!何度か画面に登場! ニヤニヤが止まりません。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ami

    3
    2016/8/2

    F1のこと、レーサーの気持ち
    NikiRaudaやJamesHuntの人柄、評判、遍歴、
    レース実績等の内容はアフレコ使用度高めだったのもあるけど、
    有名なF1レーサーの名前しか分からない私でも分かりやすく興味深かった。

    レースのシーンは力が入って、見入っちゃった!

    それら含めてスピード感のある映画だなと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告