タイタンの戦い(1981)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タイタンの戦い(1981)

1981年12月19日公開,118分
  • 上映館を探す

ギリシャ神話を基に若くたくましい英雄ペルセウスの恋と冒険を描くファンタジー映画。製作はチャールズ・H・シニアとレイ・ハリーハウゼン、監督は「ひとりの瞳」のデズモンド・デイビス、脚本はビヴァリー・クロス、撮影はテッド・ムーア、音楽はローレンス・ローゼンタール、編集はティモシー・ギー、美術はドン・ピクトン、ピーター・ハウィット、ジョルジォ・デシデーリとフェルナンド・ゴンザレス、特殊撮影効果はレイ・ハリーハウゼンが各々担当。出演はハリー・ハムリン、ジュディ・バウカー、ローレンス・オリビエ、クレア・ブルーム、マギー・スミス、アーシュラ・アンドレス、ジャック・グウィリム、バージェス・メレディス、ショーン・フィリップス、スーザン・フリートウッドなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アルゴスの国王の娘ダナエは、神々の中の神ともいえるゼウス(ローレンス・オリビエ)とのたわむれの恋の結果、男の子を生み、その罪として、男児ともども海に投げられてしまう。一方、ゼウスは、山頂の神殿で妻ヘラ(クレア・ブルーム)、海の女神テティス(マギー・スミス)、美と愛の女神アフロディテ(アーシュラ・アンドレス)、知恵の女神アテナ(スーザン・フリートウッド)らを傍に置き悠々なる日々を送っている。しかし娘、を海に投げ入れたアルゴス国王の行動に怒り、海神ポセイドン(ジャック・グウィリム)に海獣クラケンを放ち民ともどもアルゴスを滅ぼすよう命じる。海底からクラケンが現われ、波にのまれるアルゴスの町。一方ダナエとペルセウスは、ゼウスの願いどおり、セリポス島に流れつき平和な歳月を送る。やがて少年はたくましい若者(ハリー・ハムリン)に成長する。そして彼はセリポスから東方ヨッパへと移った。そこの円形劇場で詩人で劇作家のアモン(バージェス・メレディス)に会った彼は、アモンからそこが呪いのかけられた町ヨッパであることを聞き、母が願っていたアルゴス再建をその地から始める決心をする。ヨッパの町でぺルセウスは、女神テティスの呪いをかけられた娘アンドロメダ(ジュディ・バウカー)の話を聞く。彼女に求婚したものはナゾをかけられ解けないと火刑に処せられるというのだ。興味をもったペルセウスは、宮殿でアンドロメダを見かけ、その美しさに心を奪われる。そしてハゲタカに連れ去られる彼女をペガサスに乗って追った。山河を越えてついた先には怪獣と化したテティスの息子カリボスがいた。テティスの宮殿で対決する2人。見事勝ったペルセウスは、テティスにヨッパにかけた呪いを解かせた。人々の祝福の中、アンドロメダと婚約するペルセウス。しかし、カシオペア(ショーン・フィリップス)の失言でテティスを怒らせ、アンドロメダをクラケンのいけにえに供えるという命令が下される。愛するアンドロメダを救うため、クラケン退治の方法を求めて苦難の旅に出るペルセウス。カリボスやメドゥサなどの敵をうちまかし、クラケン退治の方法を知ったペルセウスは、いけにえ寸前のアンドロメダのもとへペガサスに乗って向かい、見事クラケンを退治するのだった。

作品データ

原題
Clash of the Titans
製作年
1981年
製作国
アメリカ
配給
MGM=CIC
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • カメ仙人

    4
    2010/1/4

    中古DVD \600で購入、吹替えなし字幕鑑賞。
    ストップ・モーション・アニメの巨匠レイ・ハリーハウゼン製作、SFX神話スペクタクル。
    ギリシャ神話に登場する若き勇者ペルセウスが、美しい王女アンドロメダとの愛を成就させるまでを描いたアドベンチャー巨編です。
    おそらくは、本作で好きになったギリシャ神話。後になって、夢中になった『聖闘士 星矢』から今度は、こちらでキャラクターの蘊蓄が…(笑)。
    メドゥーサやクラーケン、ペガサスなどのクリーチャーが今では懐かしい手法となったストップ・モーション・アニメで大活躍します。今ならCGでもっと凄い映像を作製する事も出来るんでしょうが、当時最高のSFX(あるいはハリーハウゼンのテクニック)。今観ても充分に堪能出来ます。
    TV放映で何度か観ていますが、ノーカットでの鑑賞は初。見つけて迷わず購入しましたが、正解でした。
    私的見所。
    クリーチャーの活躍は、当然の事ながら、以前はそれほどに注目してなかったメカニカルフクロウのブーボーが良いキャラしてます、コミカルな役なんですが最後に大活躍、何より可愛らしい。
    恒例の注目女優さんとしては、アンドロメダ王女役のジュディ・バウカーさん、兎に角べっぴんさんの一言につきます。
    生け贄にされる前の身を清めるシーン、綺麗な裸身が出て来ますがおそらくは吹替えか…(残念)。
    この女優さん、検索してみましたが、本作品しか出て来ませんでした。他に出演作品は、ないのでしょうか。
    温故知新ではありませんが、懐かしい作品を久しぶりに鑑賞するのもまた良いものです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告