映画-Movie Walker > 作品を探す > いとしきエブリデイ > レビュー

投稿レビュー(4件)いとしきエブリデイは星2つ

パッケージの写真をみて借りてみた。 (投稿日:2014年10月18日)

きゃわいい男の子ぉ~たまらんっ!
マニアックだ!借りんだろ?ふつう…
もちろん、この次男坊のショーンにやられちまった!
この子!きゃわゆいっ!きゃわゆすぎる!
パッケージだけ見てかりるアタシはあんぽんちん!

これね【幼い兄妹には実の4兄妹を起用し、
撮影スタート時にそれぞれ8歳、6歳、4歳、3歳だった兄妹が
成長していく過程を、5年間の歳月をかけて撮影した】そうよ。
そうなのよ、だから可愛いショーンくんが映画が終わる頃は…

内容をいいますと…何もない日常?いやいや!
お父さんが刑務所だなんて何にも無い訳ないですやん!
子ども大変ですやん!
その親父ときたら仮出所で出てきたかと思えば
いらんことしやがるし!
ただ母ちゃんとやりたいだけだしっ!
かぁちゃんは浮気しくさるしっ!

…結論!浜田雅功!不倫はアカン! »ガイドライン違反報告

投稿:じゅりえっと ♪

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

きれいすぎる、親子の関係・・・ (投稿日:2014年1月22日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ウィンターボトム監督です。
かなりミーハーなんで
有名な監督の映画はできるだけ見るようにしてます。
そんなリスト中の有名な監督の1人。

映画にはまった時期に、有名になったんで。
レンタルビデオで単館系にはまった時に見てた
GoNow、バタフライ・キス
ウェルカム・トゥ・サラエボ
でたしか有名になったイメージがあるんですが・・・

自分が初めて映画館で見たのは
アイ ウォント ユー
レイチェルワイズがきれいだったしか覚えてないww

その次はこれ。
ひかりのまち
あんまり・・・覚えてないんですよね・・・
出てた人は覚えてるんですが、かなりあっさりで・・・
よく考えると、この作品もそうなんです、あっさりなんです。

しばらく見なくなって・・・
久しぶりに見たのがこれ。
24
PaulSmithとコラボでちょっとTシャツ買ってしまいました(笑)

そんでインディスワールド
この辺りでちょっと毒を含む様になってきた気がします。

この監督で好きだったのはCODE46。
なんかおしゃれだった、これ!!


最近は
マイティ・ハート 愛と絆
見ました。

これもまた記憶にない(笑)
映画館で、見た覚えはあるんですけどね・・

イギリスの田舎。
朝4時に母カレンが4兄弟を起こす。
「今日はあまり時間がないからね・・・早く起きてね」
ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナ彼らは行儀よくシリアルを食べてTVを見る。

ロバートとショーンはバスと電車を乗り継ぎロンドンへ向かう。
彼らの父親に会いに、刑務所へ。
服役している父イアンに会いに行く。
クリスマスの写真を見せ、父親を恋しがる2人。

留守番の2人は今回は順番でなかったが、父親に逢いたくて仕方がない。
末娘のカトリーナは刑務所から電話があると泣き出してしまう始末。
長男ロバートは学校で父親をバカにされ、けんかする。

仮出所の日家族で出かけて楽しい時間を過ごす。
2人の時間も満喫し、刑務所に戻る。
しかし、イオンはドラックを持ち込もうとして刑期をのばすことになる。

愕然とするカレン。
昼夜ともに働き、子どもを刑務所に連れていく日々・・・
カレンは他の男性に頼るようになり、
ロバートは親離れしていく。
5年が経過していよいよ出所する日が近づいてきた。


この映画の売りが
子どもたちが
ホンマ5年の歳月をかけて撮られているってこと。
それは知人の方に言われて知りました。

たぶん映画見ただけではわからなかったと思います(笑)

5年間の延長の刑期の中で気持ちが揺らぐカレン。
迷いながらも、イアンを待つ・・・


そんな5年間と
帰ってきて5年間の気持ちを告白するカレン。

そんな1日にドラマがあるからこそ・・・
ってな感じ。

きれいすぎないですか??
なんか・・・

ちょっとついていけないかな・・・

»ガイドライン違反報告

投稿:どすん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

毎日何も起きないことへのしあわせ (投稿日:2013年12月2日)

毎日というのは不思議なもの。平日は朝早く起きて、眠いながらも学校や職場にいく準備をして、昼間は仕事や勉強やサークル・バイトに励み、夕方や夜に疲れて帰ってくる。土日はどっかに行くか、余暇を楽しむかをしているものの、大半の人は平日の繰り返しの生活の中に取り込まれているものではないだろうか。正直、僕も思うけど、毎日という言葉は監獄と一緒。特別なことは大して起こるものではなく、それでも必死に生きているから、今日は終わったと思ったら同じような明日がくる。それを延々と人生は繰り返さないといけない。そんな毎日に意味があるのか、、意味があるんだということを、この映画は教えてくれる。

この作品に描かれるのは、それこそある一家のしがない毎日である。ただ一つ違うのは、夫が刑務所で服役中ということ。幼い子ども4人を抱えるカレンは朝4時過ぎから動き出し、夜は遅いバーのウエイターの仕事まで黙々とした毎日を送る。普通の映画なら、例えば、子どもを抱えて逃飛行に出るとか、育児放棄して子どもだけの生活を余儀なくされるなどのドラマが起きるところだが、この映画は延々と繰り返される毎日を描き続ける。それもキャスト(特に子ども)の成長を捉えるために、5年の長きに渡って、撮影を続けるといった念の入れ様。そこまでして描きたかったのは、”そんな毎日”こそ人生のかけがえのない財産だということなのだ。

子どもたちの成長とともに、”そんな毎日”の生活の中にも様々な問題が起こる。小さい事件の繰り返しの中でも、毎日を生きることで日々人は成長を遂げている。特に、子どもを持つ人たちにとっては、見かけでも大きくなる子どもたちの姿に人生の変遷を感じざるを得ないだろう。子どもを持つことの喜びというのは、この映画を見ていると何となく分かる気がするのだ。人生のいい面も悪い面も、素直に共有できるのが家族の温かみ。ただ、一緒に過ごすことの幸せを感じることができるのが、”家族”という集団の強みだと改めて分かりました。

ラストシーンは本当に素敵。久々にウインターボトム監督の力量を感じることができる作品でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:yendou

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

5年かぁ・・ (投稿日:2013年11月20日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

長いよねぇ。
大人もそうだけど、子供たちはそりゃあ大きくなるよね。
最初、寂しくて泣いたりパパの電話を取り合うようにしていた子供たちが、徐々に変わって行く。
大好きなんだけど、会えて嬉しいんだけど、なんでパパが居ないのか、周囲がどう思っているか、何となく耳に入ってきたり、気が付いたり。

パパが居ない中、頑張って過ごした毎日が素朴で、美しくて、確かに積み重ねた者が有って、帰ってきたパパの存在がちょっとだけ浮いている。
それでも、時が解決してくれるのかな・・どちらにしても、難しい年頃だしね。

本当の4人兄弟を5年間追って撮ったそうで、だからこそ、リアルに子供たちの変化が感じられるのよね。
ドキュメンタリーっぽいし。

パパが居場所を取り戻せると良いなぁ‥ »ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > いとしきエブリデイ > レビュー