終わりゆく一日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

終わりゆく一日

2013年10月26日公開,111分
  • 上映館を探す

1995年から2010年の15年間に渡ってある部屋に固定したカメラで撮影した風景と、88年から03年にかけて録音された留守番電話のメッセージを組み合わせて構成。監督のトーマス・イムバッハの自伝的作品で、定点観測的な構成から、映画作りにおける葛藤やパートナーとの別れなど、映画監督“T”の人生が浮き彫りになる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

郊外に高く聳える煙突。飛び立つ旅客機。眼下の路上で見られる様々な出来事。スタジオの窓越しに見える風景が、15年に渡って記録されてゆく。一方、ここの住人である映画監督の私生活を断片的に物語るのは、留守番電話に残されたメッセージ。時にコマ落としで加速される日常風景の映像と、住人の生活を示唆する音声。両者は時の流れの中で重ねられ、世界のひとつの断面を浮かび上がらせてゆく。

作品データ

原題
Day Is Done
製作年
2011年
製作国
スイス
配給
フルモテルモ=コピアポア・フィルム
上映時間
111分

[c]2011 OKOFILM SRF ARTE Thomas Imbach [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?