旅人は夢を奏でる|MOVIE WALKER PRESS
MENU

旅人は夢を奏でる

2014年1月11日公開,113分
  • 上映館を探す

35年ぶりに再会した父子が旅しながら音楽で交流するロードムービー。監督・脚本・製作は、「GO!GO!L.A.」のミカ・カウリスマキ。出演は、「ミッション:インポッシル/ゴースト・プロトコル」のサムリ・エデルマン。2013年フィンランド・アカデミー賞最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞ノミネート作品。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ピアニストとして成功を収めたティモ(サムリ・エデルマン)が深夜にマンションへ帰ると、ドアの前に1人の男が眠り込んでいた。彼はティモが3歳の時に別れた父親レオ(ヴェサ・マッティ・ロイリ)と名乗る。レオはティモに、明日ウルフランドに一緒に行ってほしいと頼む。レオの鞄には偽造パスポートが入っていた。翌朝レオは、ティモの妻子が出ていったことを知る。2人はティモの運転でウルフランドに向かうが、本当の目的地はもっと先だった。怒ったティモは車を降りるが、ユバスキュラにいるお前の姉に会いに行くという言葉に足を止める。腹違いの姉ミンナの家をアポなしで訪ねる2人。しかし、ハメを外したミンナの夫をティモが殴ってしまう。糖尿病でインシュリンがないとすぐカッとなってしまうというのだ。奇しくもレオにも同じ持病があった。帰りの車中で母親の思い出話が噛み合わないことに不信を抱いたティモは、母の遺灰をまいた湖にレオを連れていく。元妻の話を避けるように祖母の話に変えたレオは、仕事のメールを気にするティモの携帯電話を湖に捨ててしまう。激昂するも、仕事のデータを失くしたティモは、レオに言われるまま祖母を訪ねる。ティモは祖母とも母の記憶が違うことに気づき、本当の母親のことでレオを問い詰める。レオは、養子に出したことは認めるが、産みの母のことは口を閉ざしてしまう。2人はホテルに泊まり、レオはラウンジにいた二人組の女性の気を引くため、ステージで美声を披露する。部屋で女性たちと楽しんでいると、レオのタバコで火災装置が発動、罰金を恐れた2人はホテルを逃げ出す。レオは、ティモの妻子に会いにロバミエニへ行こうと提案する。ティモと妻の間に気まずい空気が流れるが、レオが間に入り、夫婦の心は再び寄り添い合う。明け方、レオがタクシーを呼び、黙って出ていこうとしていた。行き先は、レオが度々電話をかけていたピルッコ厩舎のあるケミヤルビ。レオを追いかけるティモ。そこには、人生の真実が待っていた……。

作品データ

原題
TIE POHJOISEEN
製作年
2012年
製作国
フィンランド
配給
アルシネテラン
上映時間
113分

[c]Road North [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • ひゃん

    4
    2014/8/19

    カウリスマキ兄弟では弟のアキ作品の方を観る率が高いのだが、
    兄のミカ作品もユーモラスでいい。弟よりやや長めの上映時間
    ながら、訥々と語られる台詞回しと行間が空いた時の表情の妙。
    時折クスッと笑わせる珍色道中も、ラストはかなり衝撃的で驚く。
    実際に音楽家でもある二人の突撃ライブの素晴らしさに夢心地。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告