TOP > 映画作品を探す > キューティー&ボクサー > レビュー

投稿レビュー(2件)キューティー&ボクサーは星3つ

(投稿日:2018年8月29日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

ニューヨークに在住する日本人前衛芸術家・篠原有司男と、その妻でアーティストである篠原乃り子をめぐるドキュメンタリー。完全に共依存。そう思うしかないだろうし現実的にも別れるのは得策ではないのだろうが、乃り子は幸せに見えない。顔に苦労が滲み出すぎていて痛々しい。男が仕事をして女が家事をする、という典型的な古い考えが有司男にありそれに甘えている。女だって仕事がしたいしましてアーティストならお互い世話係が欲しいくらいだろうに。あなたはわたしを無料のシェフで、秘書でメイドだと思っているんでしょう。あなたにお金があったら雇うわよね。でもお金がないからわたしと一緒にいるのよね。こんなこと絶対に妻に言わせてはいけない。全く美談だと思えなかった。 削除 »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

芸術と金と (投稿日:2014年1月22日)

ダンナはやはりすごいユニークでセンスもあるのだろう。だがかつては酒浸りで生活能力もない。
妻はそんなダンナに惚れて結婚したが家事に育児に身を削り、自分の創作活動に時間をさけない。
しかし、そんな中から自分と夫をモデルに半分恨み節のごとき連作絵画を紡ぎだす。

この夫婦の間に生まれた息子はさぞ大変だろうな、と思ってたら息子登場、アル中で絵もぶっとび。やはり血は争えないってヤツですか(^_^;)

しかし、夫婦して、金がない、いくらで売れるか、そればっかりなのは、たとえリアルだとしてもゲンナリ。

ドキュメンタリーの体を取ってはいるが、若干演出も入っているような気がして、なんだか入り込めなかった。 »ガイドライン違反報告

投稿:おだちん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > キューティー&ボクサー > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る