TOP > 映画作品を探す > キューティー&ボクサー

予告編を見る
キューティー&ボクサーの画像

“ボクシング・ペインティング”で知られる現代芸術家・篠原有司男と彼の妻・乃り子の40年間に亘るニューヨークでの波乱に満ちた結婚生活を綴るドキュメンタリー。監督は、本作が長編映画デビューとなるザッカリー・ハインザーリング。きわめてパーソナルでありながら普遍的な、唯一無二のラヴストーリーへと昇華させた。音楽は「さや侍」の清水靖晃

3/5
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (4)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
14

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1932年東京に生まれ、絵具を含ませたボクシング・グローブをはめ壁に貼った紙をボカスカと叩く“ボクシング・ペインティング”で知られる現代芸術家・篠原有司男、通称ギュウチャンは、80歳を超えた今も日本で初めて“モヒカン刈り”にした頃のスピリットそのままに、創作に人生を捧げひた走っている。彼の妻・乃り子は、美術を学びにやってきたニューヨークでギュウちゃんと出会い、恋に落ち、結婚、そして学業の道を捨てた。一男をもうけ、妻であり、母であり、アシスタントであることに甘んじていた彼女は、ある時ついに自分を表現する方法を見つける。それは、夫婦のカオスに満ちた40年の歴史を、自分の分身であるヒロイン“キューティー”に託してドローイングで綴ることであった。かくして夫婦による二人展が企画されることになった。愛、犠牲、歓び、痛み、情熱、失望、老いていくこと、そしてアート。一組の夫婦=二人の芸術家は、そんな永遠のテーマと闘い続けている……。

作品データ

原題 Cutie and the Boxer
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ザジフィルムズ=パルコ
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2018/8/29)

ニューヨークに在住する日本人前衛芸術家・篠原有司男と、その妻…

[続きを読む]

支持者:0人

芸術と金と

投稿者:おだちん

(投稿日:2014/1/22)

ダンナはやはりすごいユニークでセンスもあるのだろう。だがかつ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > キューティー&ボクサー