ファイアbyルブタン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファイアbyルブタン

2013年12月21日公開,81分
R15+
  • 上映館を探す

51年の創立以来、600万人もの入場者数を誇る、パリ・ナイトショーの最高峰、クレイジーホース。同所で12年、シューズデザイナーとして有名なクリスチャン・ルブタンを迎えて80日間のみ上演されたショー“FIRE”を映像化。映画用に新たに撮影を敢行し、実際のショーでは絶対に見る事のできないような角度からも堪能できる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界中から観客が訪れるパリの老舗カルチャースポット、クレイジーホース。12年、史上初のゲストアーティストとして、世界的シューズデザイナーのクリスチャン・ルブタンが招かれた。彼はデイヴィッド・リンチを音楽に迎え、厳しい審査を合格したダンサーとともに“FIRE”なるショーを作りあげ、その幕がついに上がる。

作品データ

原題
Feu: Crazy Horse Paris
映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
81分

[c]Antoine Poupel [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 悶象

    5
    2014/2/20

    始めてCRAZY HORSEのシォウを見せて貰ったのは30年以上も前。その時以来、パリを訪れる度に観に行っていますが、今回それが映画で観れると言うことで行ってきました。婦人靴で有名なルブタンの演出と言うことで、少し違った演目もありましたが、ダンサーの魅惑、素晴らしい演出を、しかも3Dで観る事が出来て大満足。そりゃ本物のシォウの方が、遥かに素晴らしいのですが、おもひでのシォウを垣間見ることができて満足でした。それにしてもルブタンの靴の人気なのでしょうね。ヌードシォウなのに、女性の観客が大半なのにいはビックリでした。僕のようなエッチなおぢさんは一握りでした。今週で終わってしまうので、今度はDVDを買って家でゆっくり観ようと思ってます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YO99

    4
    2014/1/1

    ルブタンの名に反応した靴好きカミさんのお供で鑑賞。
    正直、靴そのものはクローズアップされていません。
    メインはクレージーホースで行われたルブタン演出の特別期間限定ショーでした。
    ダンサーの魅力を靴によって極限まで引き出す。それは肉体芸術の極致ともいえるほど官能的でした。
    再現ドキュメンタリーで、ルブタン自身の語る靴への拘りが随所に散りばめられています。
    限られた人しか見ることのできなかったクレージーホースの夢のショーを見ることができたのはラッキーでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    2
    2013/12/26

    これは、実際舞台を見に行くべきでしょう。
    個人的にパリに滞在していた頃、なぜ観に行かなかったのか、残念に思う。
    たった80日しか上演されなかったなんて、観に行けた人はラッキー。
    ダンサーが合間にこのショウのことに自分の意見を述べているが、主役の靴である、ルブタンの靴について、普段には履かない、舞台上だからこそ、気が引き締まるようなことを言っていた。笑っ。
    ルブタンの靴は履く物ではなく、見る物って聞いたこともある。それでも足の甲が高い西洋人なら、履けたとしても、日本人が喜んで履ける物かは、泣きながら我慢ってこと。
    美しい靴。本当に見る芸術。その美しさを際立たせる、グラマラスな女性。中にはM.ベルッチのような風貌ダンサー発見!
    5,6人でのダンスは見ごたえあるか、ただ、ドキュメンタリー的要素なので、一部始終ではないため、細切れ感は否めない。眠気誘う。
    体感するには現地にてクレイジーホースを見なくてはいかんでしょう。

    観客の中に、いかにもパリは…ていう初老2人がいましたが、こういう人こそ、最もパリが不似合(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告