スティーブ・ジョブズ 1995 失われたインタビュー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スティーブ・ジョブズ 1995 失われたインタビュー

2013年9月28日公開,70分
  • 上映館を探す

IT企業“アップル”の創業者スティーブ・ジョブズが、1995年にテレビのドキュメンタリー番組の取材に応じた時の貴重なインタビュー映像。長らく行方不明になっていたマスターテープがジョブズの死後に発見され、修復後にHDマスター化。アメリカでは2011年11月から19都市で限定公開され、チケット完売が続出した。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1995年夏。PCの誕生に関するドキュメンタリーTVシリーズ" The Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires "の番組スタッフは、マスコミ嫌い、インタビュー嫌いで知られるスティーブ・ジョブズとの貴重なインタビュー取材に成功。ところが、番組内ではそのインタビューのほんの一部のみを使用し、残りのフッテージを収録した1インチテープマスターは消失してしまった。2011年のジョブズ死後、監督のガレージから偶然発見されたそのインタビュー映像を収録したVHSテープを修復、HDマスター化し、貴重な映像が18年ぶりに甦った。85年にアップルを追い出される形で退社したジョブズは当時、新会社“NeXT”のCEOとしてインタビューを受けた。本人の口から、機知に富んだ率直な言葉で語られる生い立ち、アップルコンピューターの制作、アップル社について、コンピューターの未来とカルチャーについて。あらゆる面においてパイオニアとして存在したジョブズの視線の先には、どのような地平が見えていたのか。このインタビューの翌年末にジョブズはアップルに復帰。その2年後に初代iMacが、その3年後には初代iPodが発売された。これは、95年に“ジョブズが語った未来”だけを意味するものではない。当時、彼が思い描いていた“未来”であると同時に、その後、彼が実現した“未来”であり、残された我々がこれから成すべき“未来”なのだ。

作品データ

原題
Steve Jobs: The Lost Interview
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
是空(配給協力:アーク・フィルムズ)
上映時間
70分

[c]John Gau Productions & Oregon Public Broadcasting 2011 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • kaoring

    5
    2013/10/25

    製品を作り、マーケットを作ったジョブズ。「ジョブズは次に何をしようとしていたの?」とSiriにたずねたことがあるわたしは、MacにITリテラシーを育ててもらい、そして、Macintoshが好きで、イースターエッグが大好きで、ジョブズが大好きでした。
    ジョブズのインタビュー映像がここまできれいに再生できる状態にされた、製作者の皆さまには感謝します。

    映画の中の「Macのユーザーは製品を愛するんだ」という彼の言葉はその通りで、使えなくなったMacintoshを手放したときの、胸が痛んで仕方なかったことを思い出します。
    映画の中でジョブズが語るこれから10年間の予測は、まさにその通り。
    いったいどこまで彼のシナリオができていたのか…。

    「死は偉大」とスタンフォード大学の卒業式式辞で語っていましたが、私はまだそうは思えません。やはり、なぜこんなに早くいなくなったのか、と思うことがあります。
    会ったこともないのに、彼の魂の籠もったApple製品がそばにあるせいなのでしょうか。
    世界を変えたスティーブ・ジョブズと、同じ時代を生きられたことは、わたしの幸運のひとつだと思っています。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告