ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート

2013年10月26日公開,94分
  • 上映館を探す

ニューヨーク5番街で創業112年を迎えた老舗デパート“バーグドルフ・グッドマン”が、いかにして世界のトップを走り続けてきたのかを探るドキュメンタリー。ジョルジオ・アルマーニなど数々の有名デザイナーや著名人が、その魅力を語りつくす。監督は、「Eavesdrop(原題)」のマシュー・ミーレー。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク5番街にあるデパート、バーグドルフ・グッドマンは、この100年の間にファッションをモダンアートにまで高めた世界で最も神秘的な場所である。街の小さなテーラーから、現代文化の象徴へと登りつめた有名デパートの内部の仕組みや、今まで語られなかったストーリー、その歴史を紐解きながら、独特の世界観を作るアート的な側面と、デパート経営というビジネスの部分の衝突をとらえていく。華やかなパーティ、芸術的なウィンドウ・ディスプレイ、バイヤーとカスタマーのいきいきとした様子といった現代の姿はもちろんのこと、創業112年というアメリカの歴史も映し出す。移民であったバーグドルフが店を開き、1950年代から1960年代のセレブリティたちの文化と融合し、世界のファッションやデザインの最先端を率いる重要な役割を担うまでになったデパートの軌跡をたどる。また、初公開となる閉店後の店内の様子も紹介する。ファッションディレクターのリンダ・ファーゴ、ディスプレイ担当のデヴィッド・ホーイ、パーソナル・ショッパーのベティ・ホールブライシュなど、デパートで働くプロフェッショナルたちの姿もとらえる。さらに、ジョルジオ・アルマーニ、マノロ・ブラニク、ドルチェ&ガッバーナ、マーク・ジェイコブス、ナイーム・カーン、マイケル・コース、カール・ラガーフェルド、クリスチャン・ルブタン、オルセン姉妹、ジェイソン・ウーら多くの著名人が、様々なドラマティックなストーリーを明かしていく。

作品データ

原題
Scatter My Ashes At Bergdorf's
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ショウゲート(提供:ショウゲート=WOWOW)
上映時間
94分

[c]2012 BG PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • seapoint

    3
    2013/11/30

    日本のような休日は家族でデパートでお買い物、お食事っていう庶民的な雰囲気なし、ゼロ!

    百貨店は富裕層に許された場所という感じ。
    行ったことはないので、実際のニューヨーカーはどうなんでしょう。とにかく敷居が高い。
    店もお客様は神様というより、私たちは一流です。プロです。こちらにも選ぶ権利はありますって、口に出さずとも、威圧感あり。

    だから各ブランドのマネキンやディスプレイは、ちょっとした展示会ですね。デザイナー自身も、ここに自分の店が入るのはステイタスって自負しておりますし。

    ここのバイヤーインタビューが面白い。あはは、A.ウインターと比較か。まぁ、氷の女王より、心があるか。まぁ、本当はどうでしょうかね。

    従業員、皆誇り高い。嫌なら買ってくれなくて結構な感じです。もちろん、笑顔はピカイチ。さすがアメリカン。歩合制っていうなら、本気モード。

    当然だけど、入場料、取りませんよね?
    外に面したディスプレイに庶民はやんや、写真に収める姿。あぁ、中に入れるのはやはり富裕層だけですかね。入れるけど、雰囲気が許さんって感じ。
    ここ、セールとかあるんでしょうか?

    何も知らなくてすみません…

    日本の百貨店は本当に庶民的ですねぇ、遅くまで営業し、日曜もopen。格式とか皆無だね。デパートの食堂街なんて、一目瞭然。この映画、日本の百貨店従業員の意見を聞いてみたい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YO99

    4
    2013/11/5

    カミさんのお供で観賞。
    和的には超高級呉服店と言う事になるのでしょうか?
    日本の百貨店とは違う感じです。強いて言えば、セレブ専用銀座プランタン風と言う感じかもしれません。どうやら、家電や食品や家具等の扱いはしていない感じです。
    一流品だけを売る。一流品だけを並べる。一流品を見分け見つけるバイヤーが居る。セレブの相手をして一流品を売る能力が有る店員がいる。一流品を知らしめる企画を展開する。才能のあるデザイナーを見出し一流品が作れるようになるまで育てる&待つ。トップから下請けから生産者まで一流だけを使う。徹底した一流主義。
    金持ち相手にガツガツ金儲け一辺倒で行くのとは一味違う、クール&スマートでハンサムなビジネススタイルを貫くプロ集団で生きているデパート。世界中のアパレル系デザイナーがバーグドルフに買い付けられることを目標にし、買い付けられたことを一流と認められた証として誇りにする。一流と呼ばれるデザイナーやセレブがそう語ることをはばかりません。“ビル・カニンガム”自身や常連ショットのセレブが、この画面にも多数“出演”しています。
    店内やスタッフの取材映像を見ていると、その凄さが分かるような気がします。溜息の出るような歴史的高級品デパートで、一見の価値ありのドキュメンタリーです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告