映画-Movie Walker > 作品を探す > レッド・ドーン

予告編動画を見る レッド・ドーンの画像

突如現れた敵から家族や仲間を守るために戦う高校生たちの姿を描き話題を呼んだジョン・ミリアス監督作『若き勇者たち』。同作の敵の設定を共産圏連合軍から北朝鮮に変更し、リメイクしたサバイバル・アクション。北朝鮮による侵略という非常事態に先頭をきって挑む主人公を演じるのは、『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワース

3/5
[?]評価方法について
総評価数 25
レビュー 4
投票 21
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 8% (1)
星4つ 25% (3)
星3つ 75% (9)
星2つ 100% (12)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ、ワシントン州スポケーン。高校のアメフトチーム『ウルヴァリンズ』で活躍するマット・エッカート(ジョシュ・ペック)は、その日、恋人のエリカ(イザベル・ルーカス)を伴ってパブに赴いたところ、休暇で戻ってきていた兄で海兵隊員のジェド(クリス・ヘムズワース)と再会。エリカの親友トニ(エイドリアンヌ・パリッキ)がジェドと思い出話に花を咲かせていたところ、突然停電する。どうやら停電はアメリカ北西部全域に渡った大規模なものですぐには復旧しなさそうなので、各々家路につく。ジェドとマットは久しぶりに家族でゆっくり過ごせるかと思ったが、父親のトム(ブレット・カレン)は巡査部長であるため町の見回りに行ってしまう。翌朝、ジェドとマットは大きな振動と音に起こされる。外を確かめると、空一面に戦闘機とパラシュート部隊が広がっていた。戦闘機が撃墜され近くに墜ち、信じがたい光景が現実だと悟った二人は、父親と合流すべく車を走らせる。その間にも次々とパラシュート部隊は降下し、町は戦場と化していた。ようやくトムと合流したものの、敵に行く手を阻まれ、トムの指示で兄弟は山小屋へと向かう。逃れてきた者たちを拾いながら山小屋へ行く途中、エリカが連行されるのを目撃するマット。なんとか山小屋に辿り着いたものの、翌朝には一緒に逃げてきたピートが姿を消していた。居場所の漏えいを恐れたジェドは、一行に使えるものを持って森に隠れるよう指示した上で、マットとともに町へ偵察に行く。町は北朝鮮に占拠され、抵抗する者は連行されてしまっていた。やがてピートの密告により山小屋が見つかってしまい、北朝鮮部隊を率いるチョウ大尉(ウィル・ユン・リー)はジェンキンス市長(マイケル・ビーチ)とトムに投降を呼びかけるよう強要。しかしトムは抵抗したため、銃殺される。投降するか、このまま逃げ続けるか、彼らと戦うか。ジェドやマットら一行は、愛する者や故郷を守るために、戦うことを選ぶ……。

見たい映画に
登録した人
36

作品データ

原題 RED DAWN
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 クロックワークス
上映時間 96
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ジェド・エッカート クリス・ヘムズワース
マット・エッカート ジョシュ・ペック
ロバート・キットナー ジョシュ・ハッチャーソン
トニ・ウォルシュ エイドリアンヌ・パリッキ
エリカ・マーティン イザベル・ルーカス
ダリル・ジェンキンス コナー・クルーズ
タナー ジェフリー・ディーン・モーガン
ダニー エドウィン・ホッジ
トム・エッカート ブレット・カレン
ジュリー アリッサ・ディアス
グレッグ ジュリアン・アルカラス
チョウ大尉 ウィル・ユン・リー
パク中尉 フェルナンド・チェン
ジェンキス市長 マイケル・ビーチ

レビュー

若き勇者たち

投稿者:ルイス

(投稿日:2013/10/01)

1984年制作のリメイクですね。 ジョン・ミリアス監督で今…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > レッド・ドーン