ハーフ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハーフ

2013年10月5日公開,87分
  • 上映館を探す

異なった背景を持つ5人のハーフたちを1年以上かけて取材したドキュメンタリー。シドニーで生まれ育ち27歳で来日した女性、ガーナから日本に移り、今はガーナに学校を建てる活動している男性などが登場する。共同監督は、アメリカでドキュメンタリーを製作していた西倉めぐみ、「Madrid x 東京」の高木ララ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ソフィアはシドニーで生まれ育ち、日本は子供のころ親戚を訪ねて行ったことしかない。27歳で自分の日本人のルーツを探求しようと東京に移った彼女は、日本語を学びながら生活に慣れようと、固い決意で取り組んでいる。デイヴィッドはガーナの小さな村で、ガーナ人の母親と日本人の父親の間に生まれた。6年後東京へ移ったが、彼が10歳のときに両親は別れた。その後、デイヴィッドは2人の兄弟と一緒に8年間養護施設で育つ。20代になって初めてガーナに戻ったデイヴィッドは、あまりにも異なる2つの祖国の姿を発見する。そして今、ガーナに学校を建てる資金を集めるために活動している。メキシコ人のガブリエラと日本人の大井哲也はアメリカ留学中に出会い、結婚して名古屋に移った。男児アレックスと女児サラが生まれ、今2人は日本の小学校に通っている。ガブリエラは子供たちがスペイン語、日本語、英語の3ヶ国語を維持できるよう、インターナショナルスクールに行かせるべきか検討している。アレックスは同級生からハーフと言っていじめられ、そのストレスから体に様々な症状が現れている。ベネズエラ人と日本人の間に生まれたエドワードは、神戸の母子家庭で育ち、インターナショナルスクールで教育を受けた。日本人社会から疎外感を覚えたエドワードは、大学進学でアメリカに渡った。二度と日本に住むことはないと思っていたが、数年後に老いた母の世話をするために日本に戻る。日本でも多人種の人たちのネット上のコミュニティが活発なのを発見した彼は、ミックスルーツ関西(MRK)を立ち上げ、日本社会に多人種、多文化への関心を高めようと活動している。房江は神戸出身で、日本に帰化した韓国人の父親と日本人の母親の間に生まれた。15歳で自分のルーツが韓国にあることを知り、大きなショックを受けた房江は、両国の文化の違いに強い関心を持った。20年経った今も日本社会で2つのルーツを持つことに葛藤を抱き、MRKに参加して活発な活動を続けている。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
ハーフプロジェクト
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • しおかよ~

    4
    2013/10/31

    多くの日本人にとっては、今やハーフは珍しくないかもしれない。現在日本では、49人に1人はハーフの子が生まれているのだそう。学校の教室で、ハーフの子がいたという経験を持つ子もきっといるでしょう。

    ではハーフの当事者にとって、日本という国は、日本人達はどのような存在なのか。綺麗ごとだけじゃない学校生活。偏見に悩み苦しんだ経験を持つ人もいる。昔の対日関係の中では、ハーフとばれたら結婚が出来ないかもしれないとの悩みを抱えた人もいる。日本人からみたら白人系の恵まれた容姿も、白人の中では金髪、碧眼に劣等感を持つこともある。ハーフといっても誰もがすんなりと二か国語、三か国語を操れるわけでもない。

    それでも次世代の子達のためにと、奮闘していくかつてのハーフの子供たちもいる。自分は何者か?と模索しながら居場所を探して、それぞれが見つけた「自分」とは。

    「ハーフ」という言葉自体が差別用語と捉える方もいるようですが、一般の日本人の感覚では、羨望や憧れも含んでいるですよ~と伝えたい。

    個人的には、インターナショナルスクールでは「センチ」を使わずに「インチ」使用だったり、「円」ではなく「ドル」の計算方式というのに、そこからして「外国」なんだな~と目からうろこでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告