オー!ファーザー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オー!ファーザー

2014年5月24日公開,107分
  • 上映館を探す

伊坂幸太郎の同名小説を岡田将生主演で映画化したコミカルなサスペンス。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳という個性的な俳優たちが4人の父親に扮する。監督は本作が初の劇場用作品となる藤井道人。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元ホストの葵、大学教授の悟、体育教師の勲、キャンブラーの鷹という4人の父親がいる複雑な家庭に育った高校生の由紀夫。そんな彼がある日、サラリーマン風の男のカバンがすり替えられる現場を目撃。だがそれは危険な出来事のきっかけだった。クラスメイトの多恵子にカバンの行方を捜そうと言われ、事件解決に乗り出すが、由紀夫は何者かに拉致されてしまう。

作品データ

原題
Oh! Farther
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
107分

[c]2014吉本興業 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • barney

    3
    2014/11/12

    お母さんがいろんなタイプの男と付き合っててできた子供が由紀夫。
    誰がお父さんかもわからず、4人で由紀夫を育てることに!

    ひょんなことから事件に巻き込まれる由紀夫。
    でもこの4人のお父さんたちが、それぞれの得意分野で助け出してくれる。

    こんなお話、なんか海外の映画でなかったっけ?
    おかしな親子関係だけど、めっちゃ愛されてて由紀夫が羨ましいわ!!

    岡田の高校生役にはちょっと無理があった気がしたけど...................。
    楽しい親子に万歳!!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おだちん

    3
    2014/6/15

    期待が大きすぎたかな。
    パズルのように伏線をはめていく快感は健在だけど、今回は少々ピースの複雑さがない気がする。
    よって先が読める。
    せっかく個性的な父親余人が集まったのだから、キャラクターを活かしたサイドストーリーを膨らませることもできたのでは。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    3
    2014/6/11

    伊坂幸太郎原作の映画化。
    原作はいつも読まないんだけど、映画だけは観ている。
    で、いつも大変楽しませていただいているクチ。
    となれば今作も、とかなりの期待をして観に行った。
    うーん…。
    面白いといえば面白いし、優しくて温かくてほっこりする。
    そんな話だったけど、
    もっとサスペンスだろうと勘繰っていた私は、最後まで
    アレ?これだけ?という感じで、呆気にとられてしまった。
    物語は冒頭からおそらくあるだろうと伏線探しに燃えつつ、
    下らない会話や父親4人との何ともアットホームな風情に
    撒かれつつ、どうなるんだろな?あのカバンと同級生が鍵?
    などとコツコツ考えながら観ていったんだけど…

    確かに後半の種明かしでスッキリはする。
    あーそういうことね、だから○○だったのか。と納得する。
    が、そこへ「これがメイン」の父子愛情物語が展開するので、
    あ~メインはこっちなんだ、やっぱり。と気持ちが流れる。
    コメディだと銘打っているのだし、吉本芸人も絡んでいる
    のだから、お笑いには十分な面子だろうと思う。
    じゃあ〆に母親4股事件の真相というか、
    その知代さんというお母さんの顔も是非観たかったところ。
    なんだか全体的に消化不良で終わってしまった感が残る。

    お父さん方4人の演技は面白いし、岡田君も制服で絶好調、
    忽那汐里も良かったと思う。なんといっても個人的にはあの
    富田林さんだけど(名前だけで面白い)あの人がサスペンス?
    駿河太郎もおかしな喋り方で頑張っていた。

    母親不在でも父親があれだけ熱心に息子に奉仕してくれたら、
    息子もグレるヒマないだろうなーと思う。愛情溢れる素敵な
    父親たちだ。学芸会のような台詞回しも、それで由としよう。

    私的に面白かったのは、お隣の佐藤さんがお醤油貸して~と
    来たあたり。未だに貸し借りするなんてまず怪しいよねぇ?と
    そこを全くスルーして淡々と進む犯人たちの粗雑さに失笑した。

    (父親とロクに会話できない自分には目が眩みそうな父子像で)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告