映画-Movie Walker > 作品を探す > 生命(いのち)のことづけ 死亡率2倍 障害のある人たちの3.11

東日本大震災において障害者の生死を分けたもの、生き延びた人たちの苦労、そして障害者団体や支援団体による支援の取り組みを通じて、今後の復興と地域づくりの可能性を探るドキュメンタリー。監督は、「ゆずり葉 君もまた次のきみへ」の早瀬憲太郎。震災で被災した盲ろう者、早坂洋子さんがナビゲーターを務める。

2/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

自治体、報道機関の発表データによると、東日本大震災による障害者の死亡率は、住民全体の死亡率の2倍以上だと言われている。そんななか、障害のある人の生死を分けたものは何なのか。人間としての尊厳を失わずに生き延びるには……? 東日本大震災で被災した盲ろう者、早坂洋子さんをナビゲーターとして、災害が起こった際の障害者支援の取り組みを追う。家族や仲間たちが語る、津波で命を失った人たちの証言。そして、逃げ延びた人たちを待っていた過酷な現実。避難所で、“出ていけ”という罵声を浴びせられた精神障害のある人たち、床に寝ることができず、16日間車いすに座り続けるしかなかった女性、避難指示区域に5日間取り残された全盲の女性などがいたなか、様々な障害者団体や支援団体が自治体からの協力を得ながら、障害者たちの支援を始める。福島県南相馬市と岩手県陸前高田市では、個人情報の開示を受け、障害者の訪問調査が実現した。新たな大災害の可能性が指摘されるなか、震災を経験した当事者や関係者の姿を通じて、今後の復興と地域づくりの可能性を探る。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
上映時間 37
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 早瀨憲太郎
プロデューサー 梅田ひろ子
脚本 早瀨憲太郎
ナレーション(音声) 大和田新
ナビゲーター 早坂洋子

レビュー

尺が短い事もあり、満足度は低い…

投稿者:まこと

(投稿日:2013/7/1)

アップリンクで≪つながり映画祭プレ企画≫として、障害者にとっ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 生命(いのち)のことづけ 死亡率2倍 障害のある人たちの3.11