ひろしま 石内都・遺されたものたち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ひろしま 石内都・遺されたものたち

2013年7月20日公開,80分
  • 上映館を探す

2011年10月14日から2012年2月12までカナダ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)人類学博物館で開催された女性写真家・石内都の写真展の模様を記録したドキュメンタリー。広島の被爆をテーマにした写真展に「ANPO」のリンダ・ホーグランド監督が密着。撮影を「誰も知らない」の山崎裕が担当する。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女性写真家・石内都による写真展がカナダ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)人類学博物館で開催されている。テーマは広島の被爆。2007年に撮影のため初めて広島を訪れて以来毎年撮影している写真の中から、東日本大震災直後に撮影した作品7点を含む48点が展示された。被写体は被爆し亡くなった人々の遺品たち。花柄のワンピース、水玉のブラウス、テーラーメイドの背広、壊れたメガネ……。会場では、被爆した人の死を初めて実感し呆然とする人、遺品のワンピースを着ていた少女に思いを寄せる人、祖父が原爆製造に関わっていたと告白する人、広島で出会った亡き日本人の妻を偲ぶ元兵士等、写真に触発された人々の思いが重っていく。やがて、カナダの先住民と広島に落とされた原爆の思いがけない接点が明らかにされ、さらには石内都の「なぜ自分がヒロシマを撮るのか」という思いが浮き彫りにされる。

キャスト

作品データ

原題
THINGS LEFT BEHIND
製作年
2013年
製作国
日本=アメリカ
配給
NHKエンタープライズ
上映時間
80分

[c] NHK / Things Left Behind, LLC 2012 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?