TOP > 上映中の映画作品を探す > ムネオイズム 愛と狂騒の13日間

ムネオイズム 愛と狂騒の13日間の画像

「ベオグラード1999」で新右翼団体“一水会”を取材した金子遊監督が、“ニッポンの政治シリーズ”第2弾として、汚職疑惑で危機に立たされた鈴木宗男に密着。2009年の衆議院選挙で、松山千春佐藤優などの応援を得ながら、選挙戦に臨む姿を追ったドキュメンタリー。現役国会議員の衆議院選挙の裏側にスポットを当てる。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2009年8月30日に行われた衆議院議員選挙は、民主党が自民党に大勝し、政権交代を実現した歴史的な選挙となった。鈴木宗男は、その前回の選挙で新党大地を立ち上げ、汚職疑惑を乗り越えて衆議院議員に返り咲いていた。しかし、東京地裁で“あっせん収賄罪”の有罪が確定し、最高裁が上告を棄却すれば、すぐにでも懲役1年5ヶ月の実刑で収監されてしまう怖れがあった。収監後も国政への命脈を保つには、自らが立ち上げた新党大地の国会議席数を現状の1から2に伸ばす必要がある。そこで、タレントで車椅子の元郵政大臣・八代英太を副代表に任命し、盟友・松山千春や佐藤優らの応援を得て、崖っぷちの選挙戦が始まる。民主党や連合との選挙協力を取り付けて臨んだものの、政権交代の突風は鈴木をも飲み込んでゆく。その13日間の戦いにカメラは密着した。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 幻視社
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 金子遊
編集 金子遊
撮影 金子遊忠地裕子西田知司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ムネオイズム 愛と狂騒の13日間