映画-Movie Walker > 作品を探す > 荒鷲戦隊

「駅馬車(1939)」のウォルター・ウェンジャーが製作し、「凸凹カウ・ボーイの巻」のアーサー・ルービンが監督した1942年作品。C・S・フォレスターの原作を、「ゾラの生涯」のノーマン・R・レインが脚色し、「扉の蔭の秘密」のスタンリー・コルテスが撮影、「裏街(1941)」のフランク・スキナーが音楽を担当する。主演は「風変りな恋」のロバート・スタックと、この作品でデビューしたダイアナ・バリモアで、「ザンバ(1949)」のジョン・ホール、「不時着結婚」のエディ・アルバート、「レベッカ」のナイジェル・ブルースらが助演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第2次大戦初頭。英国空軍に参加した三人のアメリカ人パイロット、チャック(ロバート・スタック)、ジョニー(リーフ・エリクスン)とボロウスキー(エドガー・バリア)。3人は「イーグル飛行中隊」に向かう途中、隊長パディ(ジョン・ローダー)と隊員ハンク(ジョン・ホール)、交換手のアン(ダイアナ・バリモア)と知り合った。飛行中隊では連日ドイツ空軍との死闘を繰リ返したが、その頃独軍に出現した新戦闘機の威力は、ともすれば連合軍を圧しがちであった。チャックは日増しにつのるアンへの愛に、何とか彼女を口説き落とそうとしたが、彼女はなかなか陥落しない。喧嘩別れしたチャックは、命令により、二人の親友と共に新ドイツ機を分捕りにフランス飛行場に潜入することになった。だがボロウスキーの発狂によって作戦は間一髪のところでばれ、決死隊はチャックとジョニーを残して全員戦死した。傷ついたジョニーの機関銃による援護で、チャックは新ドイツ機に飛び乗ると、ひとり英国に帰還した。空中連絡で、チャックはアンが本心から自分を愛していることを知るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Eagle Squadron
製作年 1942年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 荒鷲戦隊