TOP > 上映中の映画作品を探す > ギャングバスターズ

ギャングの元夫に奪われた息子を取り返すという美女の依頼を受けた荒くれ者3兄弟が繰り広げる騒動を、ユーモアを交えて描いたバイオレンス・アクション。出演は、「パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会」のクレイン・クロフォード、『デスパレートな妻たち』のエヴァ・ロンゴリア、「チョコレート」のビリー・ボブ・ソーントン

4/5
総評価数 7
レビュー 1
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
9

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある日、障がいを持つ息子ロブ(トーマス・ブロディ=サングスター)を凶暴なギャングの元夫カルロス(ビリー・ボブ・ソーントン)に奪われたセレステ(エヴァ・ロンゴリア)。彼女は、アラバマの無法地帯で生きる荒くれ者、ウーディ3兄弟に助けを求める。トラブルと銃が大好物の長男ブリック(クレイン・クロフォード)、レスリングの天才だが口が利けない次男リンカーン(ダニエル・クドモア)、元米軍兵士でタフな三男のマックイーン(トラヴィス・フィメル)の3兄弟は、ガラガラヘビのような凶暴さで知られ、本来なら子どもを取り返すようなケチな仕事は請け負っていなかった。ところが、窮地に追い込まれたセクシーなセレステに心を奪われた長男ブリックが、彼女の依頼を引き受けてしまう。それは、相手をぶちのめして子どもを奪ってくるだけの簡単な仕事のはず……だった。ところがいつの間にか、それは彼らが経験した血なまぐさいキャリアの中でも、最高にスリリングでクレイジーな冒険へと変貌してゆく。3人を追うのは、その命を付け狙うカルロスと凶暴な子分たちだけではなかった。騒動に巻き込まれた地元の保安官に加え、やけにしつこい連邦捜査官も追跡に加わる。誰を信じればいいのかわからないまま、彼らは知られざる“贖い”を果たすため、最終決戦の場へ向かうが……。

作品データ

原題 THE BAYTOWN OUTLAWS
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 シンカ
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

人間ドラマもちゃんと描いている。

投稿者:クロウ

(投稿日:2013/6/16)

銃撃戦に、殺し屋美女軍団。てっきり、グライドハウス風の中身…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

セクシー殺人美女軍団とノーパン騒動の女優が大暴れ!
セクシー殺人美女軍団とノーパン騒動の女優が大暴れ!(2013年6月13日 15:03)

ギャングVSギャングのド派手な戦いを描いた映画『ギャングバスターズ』(6月15日公開)。この映画でギャングに劣らない大活躍を見せているのが、凶悪なボスに仕えるセ…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ギャングバスターズ