映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 日本の悲劇

予告編を見る
日本の悲劇の画像

「春との旅」に続き、小林政広監督が再び主演に仲代達矢を迎えたヒューマンドラマ。ある家族の崩壊を通して日本が陥っている“無縁社会の深淵”を描く。共演は「龍が如く 劇場版」の北村一輝、「ぼくはうみがみたくなりました」の大森暁美、「キャタピラー」の寺島しのぶ

3/5
総評価数 8
レビュー 4
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大病を患い入院していた不二男(仲代達矢)が、息子の義男(北村一輝)に付き添われて自宅へ帰って来る。その日は、不二男の妻・良子(大森暁美)の命日だった。手術をしなければ不二男は残り三ヶ月の命だと医師から宣告され、義男は不二男に病院に戻るよう懇願するが、不二男は全く耳を貸さない。義男は突然職を失ったことでうつ病を患い、妻・とも子(寺島しのぶ)と子とも別れ、未だ生活を立て直せず、不二男の年金を頼りに暮らしていた。そんなある日、不二男は自室を封鎖し食事も水も摂ることをやめてしまう。父の狂気に混乱し、怒り、悲しみ、呆然とする義男。一方、不二男の脳裏には義男ととも子、そして孫を交えた平凡だが幸福感に満ち溢れた日々が浮かんでは消えていくのだった……。

見たい映画に
登録した人
28

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 101
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小林政広
脚本 小林政広
製作 小林直子
プロデューサー 小林政広
撮影 大木スミオ
照明 祷宮信
録音 福田伸
美術 山崎輝
編集 金子尚樹
助監督 石田和彦
衣裳/スタイリスト 宮田弘子
ヘアメイク 星よしみ
装飾 及川幸恵
小道具 佐藤希
大道具 手塚常光

キャスト

村井不二男 仲代達矢
村井義男 北村一輝
村井良子 大森暁美
村井とも子 寺島しのぶ

レビュー

生き様と死に様。

投稿者:ひゃん

(投稿日:2014/2/7)

冒頭、父親と息子のやりとり。あ~そうか、この父親は もう…

[続きを読む]

支持者:0人

生き続ける日本の「武士道」

投稿者:すすむA

(投稿日:2013/9/14)

年金詐欺とは、老いた父/母の死亡後、息子や娘たちが共謀して死…

[続きを読む]

支持者:1人

家族の闇

投稿者:2006年から映画

(投稿日:2013/9/12)

この映画の評判をあちこちの新聞で見ていたせいでしょうか、知っ…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

北村一輝、「常に壁にぶち当たっている」。その時の処世術とは?
北村一輝、「常に壁にぶち当たっている」。その時の処世術とは?(2013年8月30日 15:00)

ギラギラとした野心や狂気に満ちた男役から、正義感にあふれたナイスガイまで、いろんな役どころで個性を光らせてきた北村一輝。彼の最新作は、名優・仲代達矢との二人芝居…

北村一輝、仲代達矢との二人芝居に挑む「名優はここがすごい!」
北村一輝、仲代達矢との二人芝居に挑む「名優はここがすごい!」(2013年8月28日 20:00)

北村一輝が、名優・仲代達矢と堂々渡り合った『日本の悲劇』(8月31日公開)。メガホンを取ったのは、イラクでの日本人人質事件を題材にした『バッシング』(05)など…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 日本の悲劇