クローズEXPLODE|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クローズEXPLODE

2014年4月12日公開,129分
PG12
  • 上映館を探す

高橋ヒロシの人気コミックのエピソードゼロをオリジナルストーリーで映画化した『クローズZERO』シリーズ2作の続編。前作から1か月後の鈴蘭高校を舞台に、3年生の卒業で空席となった“頂点”を巡る新たな戦いが、他校を巻き込んで繰り広げられる。『桐島、部活やめるってよ』の東出昌大、早乙女太一ら若手俳優が多数共演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鈴蘭高校では、滝谷源治、芹沢多摩雄らが卒業し、空席となった“頂点”を巡る戦いが早くも始まろうとしていた。強羅徹、そのライバルである高木哲次、寺島聡司、小岐須健一がその最有力と目されていたが、3年の転入生・鏑木旋風雄と、1年生・加賀美遼平の登場によって、その勢力図は大きく変わろうとしていた。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
129分

[c]2014 高橋ヒロシ/「クローズEXPLODE」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9
  • 健ちゃんLOVE

    5
    2016/1/14

    DVDで見たけど、がんちゃんカッコ良かった!

    さすが、がんちゃん!

    かっこよかったです!

    まじ、カッコ良かった!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    3
    2014/4/22

    前二作品はかなり面白かった。
    監督が三池だったので泥臭いエンターテインメント、
    というのがピタリとハマっていたように思う。
    今回は監督が豊田利晃、キャストもガラリと一新して
    リアルな青春モノの雰囲気が強い。
    なので前作と並べちゃうと違う気もするんだけど、
    なにが残念って、イケメン東出くんの喧嘩のヘタ具合。
    実際に殴り合いなんてしたこともないんだろうけど、
    どう考えてもあの手の振りはないぞ!!とまず思う。
    こないだ観たスタローンとデ・ニーロのね、あちらの
    殴り合いの方が、枯れて衰えても観応えがあった!
    これで鈴蘭の「てっぺん」をとらせるつもり?この子に?
    なんて、大きなお世話が口を突いて出そうになる。
    顔とスタイルだけはかなりカッコいいんですけどね^^;

    彼以外のキャストはまずまずの面子を揃えており、
    柳楽、勝地、永山の若手ベテランが巧く立ち回っていた。
    早乙女くんはキレイ過ぎて私的にX(ゴメンね)、なんか、
    顔を傷つけないように殴っているように見えてしまった。
    やべ、深水がゲスト?的に登場するけど、ほぼ同じ役目。
    前二作ともオリジナルストーリーだったらしいけど、
    その続編ということでまたオリジナルらしい。そのせいか、
    前作とほとんど話が変わらない。転入するのも跡目云々も
    てっぺん狙いで他校や異学年が絡むのもまったくおんなじ。
    まぁ、ケンカが主体の物語ですからねぇ、いいんですけど。

    じゃあ…そのメインのケンカ。
    エンタメぽく描いていないのは分かる、派手にケンカする
    高校生たちがやや勢いづいた感じ?でグチャグチャやって
    みんな血だらけになって…描き方は変わってないんだけど、
    どうも迫力に欠ける。何でだろう?何が違うんだろう?と
    思うことしばし、あー!やっぱり芹沢がいないからかしら?
    と結局山田くんが恋しいことに気がついた。まぁリンダマン
    が一番?なんでしょうけど、私的には芹沢、芹沢あっての
    源治、だった感が強かったので、今作の強羅たちにはまだ
    あのドッシリ感が感じられないのだ。皆、顔立ちには凄味を
    出してるんだけど^^;まだ風情をモノにしていないというか…

    でもこれって、まだ一作目だから慣れてないのかな。
    とにかく東出くん、ムリかもしれないけど台詞とパンチ力、
    もっと壊れていいから(壊れ加減は永山くんに習いなさい)
    うわ!強い!鏑木旋風雄!を磨き込んで頑張ってください。

    (芹沢のパンチは重かったもんね。また出てよ~山田くん^^;)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 門倉カド

    3
    2014/4/18

    【賛否両論チェック】
    賛:役者さん達の気合の乱闘シーンの連続。手に汗握るハラハラドキドキの殴り合い。前作までの知識も、基本的には不要。
    否:当然ながら、殴り合いが苦手な人には不向き。グロシーンも多少あり。

     片桐やリンダマンなど、「クローズZERO」にゆかりのある面々が登場しますが、基本的には前作までの知識がなくても大丈夫です。特にラスト30分の、役者さん達の気合充分の乱闘シーンは圧巻です。ヤンキー映画なので、当然暴力描写はメッチャあります。その辺は、言うまでもなく好みが分かれるところでしょう。
     本物のヤンキーや極道の皆さんが観れば、勿論物足りない所はあるかと思いますが(笑)、日頃味わえない爽快な殴り合いを、是非映画の中で味わってみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告