映画-Movie Walker > 作品を探す > アイ・ウェイウェイは謝らない

予告編を見る
アイ・ウェイウェイは謝らないの画像

中国を代表する現代美術家として存在感を発揮する一方、自国に対して痛烈な批判を繰り返すことでも知られるアイ・ウェイウェイの姿を追ったドキュメンタリー。仕事や社会活動などに焦点を当てながら、初収録となる母親と弟を含む知人、友人たちのインタビューを交えつつ、芸術家、活動家、中国人としての彼の生き方に迫る。

2/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アイ・ウェイウェイは中国随一の著名な現代芸術家であると同時に、最も声高な自国批判者でもある。2008年北京オリンピックの“鳥の巣”スタジアムのデザインを手掛けながらも、オリンピックを糾弾したことで危険分子として注目されるようになった。さらに、2008年5月の四川大地震における校舎倒壊と5,000人以上の学童の死について調査を行なったため、中国政府との対立が決定的となる。本作は、アイ・ウェイウェイが四川での調査に着手し、政府の監視の目が厳しくなってゆく2008年12月からスタート。2009年8月には、警察による深夜急襲という事態に発展し、暴行を受けた彼は脳外科緊急手術を受ける。翌月にはミュンヘンでヨーロッパ初の大規模個展が開催され、地震で亡くなった学童たちを追悼するために、9,000個の通学カバンで作られたインスタレーション『追悼』が紹介された。地元警察の暴力を告発し、学童たちの死を調査するという公私両面の正義追求のため、四川省の省都・成都を繰り返し訪れたアイ・ウェイウェイには、終始、私服刑事たちの尾行と監視がつきまとう。その一方で、彼の芸術家としてのキャリアは急上昇。ロンドンのテート・モダンのタービンホールで新作を展示するという名誉ある依頼を受ける。2010年には、手仕事で作られた磁器製のヒマワリの種一億粒をテート・モダンに敷き詰めるという大規模プロジェクトを実現。そこに使われた種は、彼のこれまでの取り組みの総和と、大衆伝達・大衆参加の持つ力の象徴だった。それから間もなく、中国が圧倒的な力で反撃。2011年初め、全国規模の反政府者弾圧を背景に、上海のスタジオを無残に取り壊されたアイ・ウェイウェイは、81日間に渡って非合法的に身柄を拘束される。だが、これらの事件は、彼を以前にも増して象徴的な存在へと祭り上げる結果となったのである。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

原題 Ai Weiwei: Never Sorry
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 キノ フィルムズ
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 アリソン・クレイマン

キャスト

アイ・ウェイウェイ

レビュー

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2018/8/29)

中国を代表する現代芸術家のアイ・ウェイウェイのドキュメンタリ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アイ・ウェイウェイは謝らない