紲 庵治石の味|MOVIE WALKER PRESS
MENU

紲 庵治石の味

2013年6月15日公開,96分
  • 上映館を探す

映画・映像文化による地域文化振興と活性化を目指し2006年から始まったさぬき映画祭。さぬき映画祭2009脚本コンクールに入賞した大塚文義の「庵治石の味」を原案とし、「クロスワード・モノローグ」が2007年上海国際映画祭に出品された片岡秀明が監督・脚本を手がけ映画化、さぬき映画祭2010準グランプリおよびInternational Film Festival2013長編映画部門優秀賞を受賞した作品。高松を舞台に、父の葬儀のため帰郷した美大生が日本三大花崗岩の一つである庵治石(あじいし)の石工に出会い、師弟関係を結んでいく人間ドラマ。出演は「指輪をはめたい」「茶の味」の佐藤貴広、「ネムリバ」「ちーちゃんは悠久の向こう」の小野まりえ、「光戦隊マスクマン」「南極物語」の志賀圭二郎ほか。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

建築デザイナーになるために上京し美術大学に通う鈴木翔太(佐藤貴広)は、父が亡くなったため数年ぶりに故郷の香川県高松市にある庵治町へ帰る。庵治町は小さな町だが、日本三大花崗岩の一つ・庵治石が取れ、その伝統は400年以上続いている。翔太の父は庵治石の石工だった。父の葬儀を終えて近くの山間を散歩していた翔太は、ふと、石を叩く音を耳にする。その音の聞こえてくる方へ行ってみると、石工の田島源二郎(志賀圭二郎)が古びた小屋で黙々と石を彫っていた。源二郎の作品に心を動かされた翔太は、夏休みの間だけ源二郎に弟子入りしたいと懇願。源次郎の娘で翔太の同級生でもある結維(小野まりえ)の力添えもあって、源二郎は渋々承諾する。軽い気持ちで修業する翔太と頑ななまでに己の道を突き進み地元の石工からも浮いている源二郎。世代も考え方も違い相入れないように見えた二人に、転機が訪れる……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
トラヴィス
上映時間
96分

[c]2012 庵治石映画製作委員会 株式会社ダイテツ [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?