ヘラクレス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヘラクレス

2014年10月24日公開,99分
  • 上映館を探す

人気アクションスター、ドウェイン・ジョンソンが全能の神ゼウスを父に持つギリシア神話の英雄、ヘラクレスに扮するアクション。5人の仲間たちと放浪するヘラクレスと、冥界の王であるハデスの末裔らとの激しい戦いがダイナミックなアクションで描かれる。監督を務めるのは『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

全能の神ゼウスと人間との間に生まれたギリシャ神話最強の英雄にして地上最強の男ヘラクレス。だが、彼は妻子の命を奪ってしまった暗い過去を抱えていた。5人の仲間と傭兵として諸国を放浪していたところ、隣国の王に請われてトラキアの地へ。王のために兵士を鍛え、戦術を授けるが、地獄から送り込まれた恐るべき敵が彼らに襲いかかる。

作品データ

原題
HERCULES
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間
99分

[c]2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • やまひで

    3
    2017/5/2

    まずは、安物でお手軽なファンタジー映画のストーリーとは違う、本作の、ヘーラクレースを非神話化して語ろうとする努力を買いたい!その努力の一端として、ヘーラクレースの甥イオラーオス(彼は、ギリシャ神話では、別にヘーラクレースの弟という説もあり、実はヘーラクレースの死後、ヘーラクレースの第一夫人だったメガラーを娶り、彼女との間に子供を儲けたとも言う)が、その軽妙な口さばきで、傭兵としての売り込みのために、ヘーラクレースを「英雄」に吹聴するという「一興」がある。また、半人半馬のケンタウロスたちが、実は最初はそう見えただけで、本当は、騎馬隊だったというような所にもその努力が窺える。

    さて、ギリシャ神話では、実は、ゼウスの浮気に嫉妬したヘーラーが浮気の子ヘーラクレースに狂気を送り、そのためにヘーラクレースが狂気の内に妻のメガラーと自分との子供たちを殺してしまったという説がある。有名な古代ギリシャの劇作家エウリーピデースの作品『ヘーラクレース(狂える)』では、正にこの説に依っている。

    また、本作での悪役ミュケーナイ王エウリュステウスがヘーラクレースに、
    所謂「十二の功業」を科すことになっているが、時代が下がった時期の、別の所伝に依ると、実は、ヘーラクレースがエウリュステウスを愛しており、それで、ヘーラクレースは彼に奉仕して、色々な功業を成し遂げたことになっているという。

    以上を鑑みると、初期設定の「ヘーラクレースを出来るだけ人間的に描こうという」意図が中途半端で、本作は、結局はアメリカ合衆国的な「健全」な、主人公の内面性の浅い英雄譚になっているのでないだろうか。残念であるとしか言いようがない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Orca

    4
    2014/11/14

    古代地中海世界が好きだと、古代都市の映像とか戦法とか、ワクワクします。
    ロマンスが無いのもストーリーがスッキリしていて好きです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 3
    2014/11/7

    一番の感想はルーファス・シーウェルがあんな良い役演じるの、久しぶりに見たなぁ。って事。

    胡散臭いけど、ヘラクレスの仲間たちは結構良いキャラ揃いでした。
    伝説の神の子なのか、ペテン師なのか。曖昧なままですが、偉く強い事は確かです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告