李藝 最初の朝鮮通信使|MOVIE WALKER PRESS
MENU

李藝 最初の朝鮮通信使

2013年6月1日公開,71分
  • 上映館を探す

室町時代に初めて朝鮮半島から日本を訪れた外交使節、李藝の足跡を辿り、日韓の交流の歴史を振り返るドキュメンタリー。ナビゲーターを務めるのは、ドラマ『太王四神記』などで活躍する俳優ユン・テヨン。監督は、「蘇る玉虫厨子 時空を越えた『技』の継承」などドキュメンタリー映画やテレビ番組を数多く手掛けてきた乾弘明。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

今からおよそ600年前の室町時代。朝鮮半島から命懸けの航海を重ね、43年間に40数回も来日した外交官がいた。その名は李藝(韓国語読み=イ・イェ)。地方の小役人だった李藝は、世宗(=セジョン)大王の信頼厚い外交官となり、室町幕府・足利将軍に謁見するために京都まで出向く。しかし彼は8歳の頃、母を倭寇に拉致されるという悲しい過去を持っていた。少年の心に強く芽生えたであろう憎しみの情を、どのように友愛の情に変えて日朝の友好に人生を賭けたのか……。韓国人俳優ユン・テヨンが、今日の日本にわずかに残された李藝の軌跡を辿って、釡山から京都へ旅をする。驚くべきことに、今は寂れた瀬戸内の小さな港町には、朝鮮通信使をもてなした交流の歴史の足跡が、現在もなお大切に残されていた。同じ頃、駐日韓国大使館が主催する朝鮮通信使の軌跡を辿るSNSリポーターの旅に参加して韓国を訪れた日本の大学生たちは、それまで知らなかった日韓の歴史に触れる。日本と韓国、数多くの共通点がある一方、避けられない問題も両者の間には横たわる。新しい世代の若者たちは、それらをどう乗り越えていくのか?旅を通して見えてきたのは、いつの時代も変わらない、目の前の相手と心を通わせたいと願う人々の姿だった……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本=韓国
配給
平成プロジェクト
上映時間
71分

[c]Lee Ye Partners. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?