映画-Movie Walker > 作品を探す > その日その時

アレック・コッペルの原作を彼自身とジョン・リー・メインが共同で脚色、「心の旅路」のマーヴィン・ルロイが製作・監督したラブ・ロマンス。撮影は「マイ・フェア・レディ」のハリー・ストラドリング、音楽は「シャレード」のヘンリー・マンシーニが担当した。出演は「悲しみよこんにちは」のジーン・セバーグ、「007/ゴールドフィンガー」のオナー・ブラックマン、「侵略」のアーサー・ヒル、「黄色いロールスロイス」のグレゴワール・アスラン、TVの子役のピーター・ロビンスショーン・ギャリソンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

リビエラの保養地。ケイ(ジーン・セバーグ)は精神分析医ニール(アーサー・ヒル)の妻で息子ティミー(ピーター・ロビンス)まである。夫は仕事熱心な男で出張中。ある日ケイは米人の若い海軍少尉のマーク(ショーン・ギャリソン)と知り合い、車で送ったり、彼女の家に立ち寄らせるようになってから関係を結んでしまった。ケイは自分を押さえるつもりだったが、夫に早く帰ってくれるように電話をかけ、断られてからそうなったのだった。けれどもケイは精神的も肉体的にも淋しさを満足させられて、初めて責任というものに目覚めたが、マークはひきさがらない。彼が前にもまして熱烈に求愛するので夫の寝室に入って鍵をかけ、拒絶した。マークはピストル自殺をすると騒ぎだし、ケイが驚いてそれをもぎとろうとして爆発、マークは床に倒れた。ケイは隣に住むダフネ(オナー・ブラックマン)の協力を得て死体を捨てに行った。数日たったが新聞記事にもならない。心配のあまりケイは不覚にも現場へ行ってみた。警官が張り込こんでいる。彼女は尋問をうけた。そのとき夫が帰って来た。ところが驚いたことにマークは死んでいず、記憶喪失に患っていた。警察はニールにその治療を依頼、ニールの熱心な看護で間もなく意識を回復したが、マークは彼女とのことだけは思い出せない風を装いつづけて去って行った。ケイと2人きりになったとき夫ははじめから妻とマークの間に情事のあったことを察知していたと言ってケイを驚かせた。だがニールはその責任が自分にあると認め、今後そのような問題が起こるような状況は作らないと誓うのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Moment to Moment
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > その日その時