TOP > 上映中の映画作品を探す > かしこい狗は、吠えずに笑う

第34回ぴあフィルムフェスティバルにて「エンタテインメント賞(ホリプロ賞)」&「映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)」受賞。2013年3月に松山シネマルナティックにて上映され、2013年6月22日よりオーディトリウム渋谷で上映された。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

とある女子高校。ふたりの女子高生のおはなし。苗字の“熊田”とその風貌から、クラスメイトに蔑称に近い形で“プー”と呼ばれる女子高生の美沙。当然、友達などいない彼女にとって心を許せるのはペットのインコと理科室の水槽にいる金魚だけだった。そんな彼女は、他の女生徒から妬まれるほど“かわいい”と評判の同級生、イズミと急接近。なぜか自分に興味を示すイズミに戸惑いを覚えながらも美沙は初めての友人の存在に心躍る。孤独な美沙が初めて手にした友情。しかし、その絆が……。

作品データ

原題 shady
製作年 2012年
製作国 日本
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡部亮平
脚本 渡部亮平
製作 渡部亮平
撮影 辻克喜
照明 辻克喜
編集 渡部亮平辻克喜
音楽 近谷直之

レビュー

インディーズだからこそ、もっと、ぶっ飛んだ展開が見たい!

投稿者:まこと

(投稿日:2013/7/1)

またも主人公がちょいブスなんですねぇ 最近のインディーズっ…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

土屋太鳳が子連れの母親役に挑戦、“狂気のプリンセス”を描く『哀愁しんでれら』は2021年早春公開
土屋太鳳が子連れの母親役に挑戦、“狂気のプリンセス”を描く『哀愁しんでれら』は2021年早春公開(2020年5月19日 06:00)

次世代のクリエイターを発掘するコンペティション「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」で2016年にグランプリを受賞した『哀愁しんでれら』が土屋太…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > かしこい狗は、吠えずに笑う