TOP > 上映中の映画作品を探す > アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン > レビュー

投稿レビュー(24件)アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンは星3つ

★★★★☆ー (投稿日:2018年9月29日)

他のマーベル・ユニバース作品よりはストーリー弱め。まぁオールスターでのド派手アクションを楽しむ作品なんで、問題ないけど笑 クイックシルバーは、XMENとは別の設定なのね( ´ ω ` ) »ガイドライン違反報告

投稿:づーめ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

娯楽作品としては良作 (投稿日:2016年4月20日)

マーベルコミックのヒーローが集結する本作。キャラの濃い登場人物が歪みつつも協力するところは見ていて楽しめる。ロマンスあり、アクションあり、てんこ盛りで見ていてワクワクする。超能力を持った人造人間はスタークを憎み、アベンジャーズを倒すためAIと結託する。進化したAIが人類を滅亡に導くと言うのは有りがちだけど、理に叶ってるような気がする。また生身の肉体を欲すると言う展開も面白い。2時間20分近いやや長めの本作だが、2日かけて見終えた。観賞後は満足感で満たされた。まだまだ続くアベンジャーズシリーズだが、次作以降も飽きない作品を望む。 »ガイドライン違反報告

投稿:くりんごん。

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

期待を裏切らないストーリー (投稿日:2015年9月17日)


期待を裏切らないストーリーでしたが、少し時間が長かったため、間延び感がありました。
ただ新しいキャラクターの登場もあったので、次回作に期待が持てる作品でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:yuzu

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

自作自演(被害者アリ) (投稿日:2015年8月15日)

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を鑑賞。
マーベルヒーロー達が集結して活躍するシリーズ第二弾。

序盤から何やら怪しいものを開発するアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)。それは人口知能を活用した平和維持システム「ウルトロン計画」。
案の定、人口知能は暴走し人類滅亡の危機に。
再びアベンジャーズが立ち上がり、絶体絶命の危機を救う。

何かおかしく感じた方も多いはず。
そう、全ての原因はアイアンマンにある。

映画において人口知能が暴走するのはもはやお約束。
まともに運用できては映画にならないのである。
そんな新鮮味の欠片もないテーマにおいて今作の見所はと言えば、残念ながら派手な破壊シーンくらい。
「愛する人を守りたい」とか、「愛を知る全人類に捧げる」などというキャッチコピーは作品を観た後では白けるばかりである。

先ほど示したとおり、元凶はアイアンマンであり、まとまりのない仲間かどうかも微妙な連中達が、庶民を巻き込みながら自作自演をしているだけ。
改めてポスターを見たらちゃんと書いてありました。

「世界を滅ぼすのはアイアンマン」‥‥。

少々残念な出来であった。 »ガイドライン違反報告

投稿:えのきち

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

戦闘シーン「のみ」なら単純に楽しめる1本 (投稿日:2015年8月13日)


本当に残念なのは
1作目の方が明らかに良いこと、
そして、続くシリーズ化してしまったこと。

あまりにも
キャラクターが多くて
ほかのMARVEL作品を知らないと
深入りできない

ただ、戦闘シーンは圧巻
それだけで良いなら
楽しめる1本
»ガイドライン違反報告

投稿:S

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ぜんぜん盛りすぎてない。 (投稿日:2015年8月2日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

確かに途中話がややこしくなることに関しては否めない。
ただしオープニングの戦闘シーンでのキャプテンアメリカ、ソー、
ホークアイ、ブラックウィドウ、ハルク、最後にアイアンマンが
だんだんと登場するシーンはファンにとってはワクワクもの。
その後のヒーローの人間性をうまく盛り込んだ展開は賞賛もの。

<レビュー確認中>

(ジャスティスリーグはアベンジャーズを超えることができるか。)
»ガイドライン違反報告

投稿:1978年から洋画

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

盛りすぎ。 (投稿日:2015年7月24日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

アチラでは相変らず大人気シリーズみたいなんだけど、
人数集めて闘わせれば面白いでしょー?っていう安易な発想は
某アイドル集団の如く、観る方もマンネリ化すると飽きてくる。
結局やっていることは毎回同じなのよね。というのがシリーズ
の面白さとはいえ、ついにネタは身内の不始末回収になった^^;
スターク社長は元々偏執アイデアマンだから、こんなアイテムを
思いつくのもアリだと思うが、それが暴走しちゃってさあ大変!
地球の平和を乱しているのはそもそも人間なんだから、人間達を
省いちゃおうぜ!という人工知能ウルトロンの考えの方が正しい?
相談されたハルクなんか最初から「エー?」って顔してたもんねぇ。
使い古されたネタでもこのメンバーなら楽しいぞ!と云わんばかり
暴走を始めてしまったウルトロンを阻止すべく再び力を合わせる
アベンジャーズ。呑気にパーティを繰り広げていたら大暴走が!!
ただでさえ登場人数の多い作品にまた二人、今回はキックアスと
オルセン妹が参戦。彼らの立ち位置も微妙だけど不気味さは抜群。
ハルクとブラックの恋愛模様(エ?そういう仲だったの?)もあって
今回はホントに話題がテンコ盛り。観ている方も頭が纏まらない。
と、そこへ、意外にも家庭的なホークアイの私生活まで出ちゃう。
いやー。なにが言いたいんだよ、アベンジャーズ。という感じで、
すんごいゴチャゴチャさせながらも、展開が鈍いので眠たくなる。
私的に懐かしかったのがウルトロンがJ・スペイダーだったのか~
と、これ絶対ベタニーだよね?だよね?と思いながら観ていたら
やっぱりそうだった、ヴィジョン。他にも多数豪華な面々が出演し、
ホントにオールスターシリーズだった。まだやり続けるんだよね?

(何か気の毒だったなぁキックアス。笑わない彼も新鮮だったのに) »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

人間臭さを隠し味にしたアクションSF (投稿日:2015年7月19日)

ジェレミー&スカヨハファンのカミさん同伴で観賞。I-MAX3Dだったので迫力が桁違いでした。
今回は大物バトルアクションは殆どありません。ハルクVSハルクバスターの中物?長めアクションは見応えがありました。全体的には「多勢に無勢でどうする!?」が面白みの核になっています。若干バイオハザード感覚。
味付けは“人間臭さ”で、ホークアイに妻子が居たり、ハルクとブラックウィドーがいい感じだったり、スカーレットウィッチに心の闇を操られたり、結構ヒーロー故の精神的葛藤が描かれ、それを抜けた先に光が見えるという筋です。
クイックシルバーが出落ちなのは残念。ウルトロンがプログラムとか、ジャービスからビジョンとか、かなり電脳SF化もしていて飽きさせない仕掛けです。
今回も見逃せないSFアクション大作です。 »ガイドライン違反報告

投稿:YO99

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ますます、ごった煮 (投稿日:2015年7月14日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

前回に続き
サブタイトルがあつい!!

愛を知るー全人類に捧ぐ。

前回はこれでした・・・

日本よ、これが映画だ。

いや~吠えるね!!!

もはや、それぞれの作品を作る気はないんでしょうね。
MARVEL
今回はスカーレット・ウィッチ登場です。
双子のクイック・シルバーも。

いよいよX-MENですか??
ウルトロンってアントマンってマーベルの敵なんですね・・・

また、今回は

ハルクvsアイアンマンで話題になっているようですね。
ハルクバスター。

アベンジャーズたちロキの杖を求めてヒドラの残党基地へ潜入する。
そこで2人の人物、スカーレット・ウィッチとクイック・シルバーに出逢う。

ここで見なはウィッチにそれぞれイメージを植え付けられます。

そこで得た情報でブルース・バナーとトニースタークはAIを持ったウルトロンを製作する。
平和維持のために制作したが、
ウルトロンはそのためには人間を排除することを考え行動をはじめます。

そのウルトロンはロキの杖の影響を受け、平和のために人類の滅亡を図ろうとする。
ロキの杖を奪い、ウルトロンたちはシールドの工場でウルトロンを増産始める。

スカーレット・ウィッチとクイック・シルバーはウルトロンの考えの中に幼いころの復讐の的スタークを見る。スタークが製作にかかわったことでウルトロンの中にスタークを見て、
その考えに従えなっていく。

その頃、ウルトロンは究極のアンドロイド
ヴィジョン
を創ろうとしていた。

いや・・・
よくわからなくなってきましたww
まぁ、先を呼んで考える映画でもないだろうし・・・
各キャラクターが
「おっ、あのキャラが!!」
って思う映画なんでしょうね・・・

最近
マーク・ラファロ
良く観ますね~

はじまりのうた
よかったな~

今年の一番かな。。。
これ。

心配なのは
マーベルと巨大なコミックDCの挙動。
バットマンvsスーパーマン行くんですね・・・ »ガイドライン違反報告

投稿:どすん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

さすがにもういいかな・・・ (投稿日:2015年7月13日)

いつものようにアメリカンヒーローがチームを組んで悪と戦うCG満載のCG映画!
ストーリーも似たり寄ったりで今まで観たアメリカンヒーロー映画を何本も思い出しました。
しかも今回は「人造人間」の双子が活躍し、「Xメンかよ」ともう何でもありでウンザリでした。
ハリウッドでは、まだまだヒーロー映画を大量生産する予定だそうですが、いい加減CGだけが頼りのこの手の映画は私的には限界と痛感し劇場を後にしました。 »ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る