アラモ(1960)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アラモ(1960)

1960年12月24日公開,163分
  • 上映館を探す

アメリカ西部開拓史上に有名なアラモ砦の攻防戦を描いたアクション・ドラマ。「流れ者の復讐」のジェームズ・エドワード・グラントのオリジナル・シナリオを「騎兵隊」に出演したジョン・ウェインが自ら製作した第1回監督作品で、ジョン・フォードが監修している。撮影は「騎兵隊」のウィリアム・クローシャー、音楽をディミトリ・ティオムキンが担当。出演はウェインのほかに「愛のトンネル」のリチャード・ウィドマーク、「年上の女」のローレンス・ハーヴェイ、リチャード・ブーン、リンダ・クリスタル、フランキー・アヴァロンら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1836年、当時メキシコ領のテキサスの原野に、各国から多くの移民が入植していた。メキシコの独裁者サンタ・アナが土地没収と、重税を課す宣言をした。テキサス人は独立運動を起こし、サム・ヒューストン(リチャード・ブーン)が指揮者に選ばれた。サンタ・アナは討伐軍を派遣した。義勇軍はまだ組織が完全でなく、敵軍をサン・アントニオでくいとめ、時間をかせぐ必要があった。ヒューストン将軍はジェイムズ・ボウイ(リチャード・ウィドマーク)と大佐に任じ、サン・アントニオ近郊のアラモ砦の陣地構築を命じた。が、彼は酒びたりで仕事がはかどらず、将軍は後任に若い弁護士出身のトラヴィス大佐「ローレンス・ハーヴェイ」を送り、自分は義勇軍を募るため北方に出発した。厳格で貴族的なトラヴィスと、大地主で親分肌のボウイはことごとに対立した。テキサスの危機を聞いたデヴィ・クロケット(ジョン・ウェイン)は同士とともにサン・アントニオにやってきた。その夜、クロケットはメキシコの美女フラカ(リンダ・クリスタル)の難を救い、町の教会に武器弾薬が隠されていることを聞いた。彼は偶然知り合ったボウイと協力してこれを分捕った。クロケットとフラカは恋仲になった。砦の戦略的価値についてボウイとトラヴィスの意見が対立し、クロケットが仲に入ってまとめた。砦の完成前に、、サンタ・アナの軍隊がサン・アントニオに到着し、無条件降伏を要求した。トラヴィスは拒絶した。メキシコ軍は巨砲をもって砲撃を開始した。その夜、クロケットとボウイは決死隊を率いて巨砲破壊に成功した。サンタ・アナの主力軍が到着した。砦内の婦女子の立退きを勧告してきた。砦の男たちは感慨無量の面持で、退去する人々を見送った。ただディッキンスン大尉夫人だけは残留した。メキシコ軍の攻撃、砦の兵士の敢闘と、戦況は一進一退を続けた。ある晩、ボウイのところに愛妻が死んだ知らせがきた。トラヴィスは軍規違反と手紙をとりあげたが、真相を知って彼に詫びた。ボンハム大尉が援軍500がメキシコ軍に撃退されたという悲報をもたらした。ヒューストン将軍の義勇軍もだこない。ボウイやクロケットは砦で討死にするのに反対した。が、トラヴィスの死守の決意にうたれ、180名の兵士は砦を守ることになった。7000のメキシコ軍は物量を頼み、総攻撃を開始した。砦の兵士は次々に倒れ、トラヴィス、クロケット、ボウイの獅子奮尽の甲斐もなく、それぞれ凄烈な戦死を遂げた。3月6日――アラモ守備軍は全滅した。ただ1人ディッキンスン夫人が生き残った。サンタ・アナは夫人にロバを与え、砦の外に送りだした。守備隊の勇猛果敢な活躍は、夫人の口から人々に伝えられた…。

作品データ

原題
The Alamo
製作年
1960年
製作国
アメリカ
配給
日本ユナイテッド・アーチスツ
上映時間
163分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • cherry

    5
    2013/7/7

    持っているDVDはデニス・クエイド ビリー・ボブ・ソートンの「アラモ」だけれど、ずっと昔最初に「アラモ」を観たのは、ジョン・ウェイン、リチャード・ウィッドマークの「アラモの砦」
    勝ち目のない戦いに挑む姿、ひとり、またひとりと倒れていくシーンが観ていられなくて・・・

    悲しい映画だ・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • やまひで

    3
    2010/4/5

     久しぶりに本作を観て、気になることが一つあった。テキサス民兵軍が掲げる旗に「1824」という数字が横に黒字で書かれてあるのである。これが年号を表すであろうことは容易に推察できたが、はて何故この年なのか。旗は左から緑・白・赤の三色が縦に並んでいるもので、これはテキサス民兵軍と対峙するメキシコ正規軍の旗と同じ三色旗である。ということは、この年号はメキシコの歴史の文脈のものであるということになる。ここまで考えて、僕の知識欲が貪欲に空腹の信号を送り出したので、映画を観終わった後、早速これを調べてみた。
     スペイン本国にヨーロッパ大陸のナポレオン戦争が波及すると、これが謂わば飛び火した形で植民地メキシコに、1810年、メキシコ独立戦争が勃発した。こうして始まった革命戦争は、1821年、スペイン統治軍の将軍たち、特に本作に登場するサンタ・アナ将軍がメキシコの革命派へ支持を切り替えたことで、一挙に形勢が革命派に有利となり、ここにメキシコ独立戦争が終わった。そして、数年の帝国時代を経ると、メキシコは新しい「1824年憲法」の下で共和国となったのであった。例の旗の数字もこの共和国憲法成立の年を意味していたのであり、テキサス民兵軍は、つまりリベラルな連邦共和制派だったのである。
     さて、サンタ・アナ将軍は、この、政情不安定なメキシコ共和国の成立に一役買った後、1833年には自ら一時共和国大統領となるものの、国内の保守派の蜂起を利用して、権力の座を堅め、連邦制を骨抜きにして、中央集権主義体制を樹立しようとしたのであった。こうして、Generalissimoサンタ・アナは州議会の解散、州市民軍の武装解除、そして1824年憲法の廃止を行う。この意味で、テキサス、いや正しくはスペイン語のテハス(Tejas)州民兵軍は、自由のための抵抗運動だったと言える。
     しかし、この理解は、テハス州に住むヒスパニック系市民、即ちテハーノ(Tejano、スペイン語で「テキサス人」の意味で、古くは「Texano」とも表記)に当てはまることではあり、これをアングロ系入植者、所謂テクシヤン(英語:Texian)に当てはめるのは、些か問題がある。というのは、彼らは、基本的には、メキシコ政府に許されてその土地を「占有」している人々だが、その多くはアメリカ合衆国からの移住者だったからである。つまり、外国人がその住んでいる国の内政に干渉するということである。
     1803年にフランスからルイジアナを買収して国土を二倍にしていたUSAからは、その後開拓民がメキシコ領北部にも流入していた。そして、1827年、29年には、アメリカはテキサスの購入の意図を明らかにしており、いずれもメキシコ側に拒絶されていたのである。こうした中で、1835年10月に起こった、テハス州の分離独立を目指して行われた「テキサス独立戦争」は、アメリカ側にとっては好都合な事態の発展だったと言える。この、1836年4月まで続いた独立戦争の文脈の中で、同年2月下旬から3月上旬までの13日間に亘った包囲戦が本作のテーマとなる「アラモ砦の戦い」である。尚、この戦いの数ヵ月後には、本作にも登場するサミュエル・ヒューストン将軍が、サンタ・アナ将軍率いるメキシコ正規軍を破り、同将軍を捕縛して、独立戦争を勝利に導き、テキサス共和国を成立させる。1845年には、USAとの合併がテキサス住民の総意であることを理由として、テキサス共和国は28番目の州として米国に併合され、この「テキサス併合」が、翌年からの米墨戦争のきっかけとなる。そして、この戦争に敗北したメキシコは、その領土の約3分の1をUSAに割譲せざるを得なくなるのであった。(我々日本人は、このアメリカの汎アメリカ主義の大きな第一歩を表現する米墨戦争の、既に7年後にはペリー提督の「黒船」が日本に現れていることを想起するべきであろう。)
     最後に、本作のストーリーについて幾つか述べておきたい。
    1.本作で強調されている、指揮官W.トラヴィスとJ.ボウイとの確執は誇張のようであり、アラモで結核で倒れたボウイは比較的素直にトラヴィスの指揮に従ったようである。
    2.3月6日の朝5時から始まった最後の攻撃で、その開始直後にトラヴィスは頭に銃撃を受けて戦死し、ボウイも簡易ベッドに寝ていたところを抵抗むなしく殺されたと言われている。また、一説では、J.ウェイン演ずるところのD.クロケットは配下の数人と共に捕らえられたが、サンタ・アナの命で直後に処刑されたとのことである。
    3.本作では、そのラスト・シーンとして、トラヴィスの副官の妻がその子供と黒人奴隷の子供と共に誇り高く戦場を去るところがあるが、実際は、メキシコ軍は戦闘後、ボウイの奴隷のサム(映画では戦死することになる)、トラヴィスの奴隷ジョー、そして24人の女性と子供を解放したことになっている。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ヤンマ

    4
    2009/9/11

    ジョン・フォード監督が関わった作品だが、ジョン・ウエインが監督として撮り上げた作である事に間違いは無い。そして、ジョン・ウエインがその生涯をかけて、自らの財産まで投入して完成させた畢生の大作であった。その執念の力作に、演出どうのこうのは無用である。西部劇に大作史劇並のエキストラを動員して、描く山場のスペクタクルは、白眉。これほどの、スケールを持つ西部劇は、『白昼の決闘』『シマロン』『幌馬車』くらいである。お見事!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告