んで、全部、海さ流した。|MOVIE WALKER PRESS
MENU

んで、全部、海さ流した。

2013年11月2日公開,30分
  • 上映館を探す

文化庁委託事業としてVIPO(映像産業振興機構)が企画する“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2012”の製作実地研修として製作された作品。東日本大震災の被災地、石巻を舞台に、喪失感を抱えた少女と少年の交流を描く。出演は「マイ・バック・ページ」の韓英恵。監督はCM製作などに携わってきた庄司輝秋。2013年3月2日より、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲、3月23日より、大阪・梅田ガーデンシネマにて「ndjc2012」完成作品上映会で1週間限定公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

真冬の石巻。元ヤンキーの弘恵(韓英恵)は、高校を中退してから仕事もせず、仲間からも疎まれ、鬱々とした日々を送っていた。ある日、弘恵はノロマでデブの少年・達利と出会う。交通事故で妹を亡くした達利を元気づけるために“長浜の海で大切な人の遺品を燃やせば命が蘇る”と嘘をついてしまう。弘恵は自分の“客”である小林を呼び出し、その儀式を実行するために、3人で海を目指す……。

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
シグロ
上映時間
30分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?