ラヴレース|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラヴレース

2014年3月1日公開,93分
R18+
  • 上映館を探す

72年に全米で公開され、社会現象になるなど、史上最もヒットしたと言われるポルノ映画『ディープ・スロート』。その主演女優であるリンダ・ラヴレースの数奇な半生を描く人間ドラマ。『レ・ミゼラブル』のアマンダ・サイフリッドが“伝説のポルノ女優”を熱演するほか、ピーター・サースガード、シャロン・ストーンらが脇を固める。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

厳格な両親との生活にうんざりしていたリンダは、バーを経営するチャックと知り合い結婚する。半年後、彼の陰湿な部分が発覚し、借金で行き詰ったチャックは、妻のリンダをポルノ映画に出演させる事に。ところが、7日間で撮影された彼女の主演作『ディープ・スロート』は大ヒットを記録し、リンダは一躍スーパースターになる。

作品データ

原題
LOVELACE
映倫区分
R18+
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
93分

[c]2012 LOVELACE PRODUCTIONS, INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • えりか

    2015/3/9

    試写会(2014/2)
    ポップでオシャレなポスターから想像してたのとは全然違う、重くて真面目な話だった!
    夫から虐待を受けていたのに環境やら当時の常識やら世間体やらなにやらでそこから長いこと抜け出せなかった実在の女性の話。彼女のされたことが悲惨すぎて、普通の生活を手に入れることができたラストでも、よかったね、とはいえない…
    そしてこの映画が訴えたい層には、この売り方じゃ届かないでしょとも思った。ちょっとエロくて楽しい映画を見たいと思って見に来た人もだまされた!て思う気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • じゅりえっと ♪

    2
    2014/10/16

    アマンダちゃん、清純派を打破したかったのかな?
    でもこの作品はどうだろう?
    乳出しちゃってよかったの?って思っちゃう。
    確かに頑張ってる感はわかんだけど
    あまり良い作品だとは思えなかったなぁ。
    んぅ~ん、ポルノ映画撮影風景とか
    別にすんげぇ~!ってほどではなかったけど
    (何を期待してたんでしょうか?)
    アタシ的にはえぐい映画でした。

    しかし、なんでまたこんな男を良い人だと思ったのやら?
    最初からいやぁ~な感じぃ~の人よ。
    暴力に耐えられず家族にも助けを求めたっちゅぅのに
    お友達も助けてあげようとしたのにっ!
    どぉ~にかならんもんだったんですかねぇ?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • holytree

    4
    2014/3/30

    どういう人が作るかによって振れ幅の大きそうな題材です。女性監督がフェミニズムの視点から作品化することもできるでしょうが、そうするともっと視野が狭く、単調な物語になった可能性があります。
    本作はそうではなかった。女性として文句なく魅力的なヒロインをまず男の視点で捉え、さらに父親の視点から見直すという手順を踏み、そこでまた別の感慨がわいてくるという形をとっています。
    最後にヒロインを抱きしめた父親の言葉と、母親のやるせなさげな表情が心にしみました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告