映画-Movie Walker > 作品を探す > 17歳のエンディングノート

予告編動画を見る 17歳のエンディングノートの画像

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家、オル・パーカーがベストセラー小説をダコタ・ファニング主演で映画化した青春ストーリー。突如、余命宣告を受けた少女が、生きている実感を得ようと奮闘する姿が描かれる。『戦火の馬』のジェレミー・アーヴァインがヒロインの心の支えとなる青年を演じている。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 18
レビュー 2
投票 16
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 42% (3)
星4つ 100% (7)
星3つ 85% (6)
星2つ 28% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ガンにより余命が短いことを宣告された少女テッサ(ダコタ・ファニング)。絶望から自宅に引きこもるようになるが、仕事を辞めテッサの病気を治せないか探しまわる父や現実逃避し看病できない母の弱さを見て、苛立ちを隠せない。テッサは、生きている実感を得るためにはどうしたらいいか思案する。17歳を迎えたテッサは、残された9ヶ月で一生分の経験をするために何をやるか、親友とともにリストアップする。セックスや薬物など危険に満ちたことをひとつひとつ経験していく中で、テッサは人生の素晴らしさと輝きに気付く……。

見たい映画に
登録した人
78

作品データ

原題 Now Is Good
製作年 2012年
製作国 イギリス
配給 キノフィルムズ
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

頑張りました!

投稿者:@ゆう坊

(投稿日:2013/05/06)

病状のことに偏らず表現している事は理解しますが、ストーリーに…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 17歳のエンディングノート