映画-Movie Walker > 作品を探す > サバイビング・プログレス 進歩の罠

予告編を見る
サバイビング・プログレス 進歩の罠の画像

壮大なスケールで人類の進歩史を描き、最先端の学者や思想家たちが人類のサバイバルについて語るドキュメンタリー。「ヒューゴの不思議な発明」のマーティン・スコセッシ、「ザ・コーポレーション」のマーク・アクバーが製作総指揮として参加、映像作家のマチュー・ロワとハロルド・クロックスが監督を務める。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

私たちのノウハウの集積である頭脳が5万年もの間アップグレードされていない古びたハードウェアであるにもかかわらず今も動き続け、21世紀の私たち人類が直面する難解な問題解決を図ろうとしている。人口増、大量消費社会や地球環境破壊など、問題は深刻さを増すばかり。問題解決のために生物化学や宇宙開発という進歩への挑戦が試みられるなか、ベストラー作家で『暴走する文明「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ』の著者ロナルド・ライトは、目先の利益のために将来を犠牲にする「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘。現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告する。そんなライトの差し迫った警告に拍車をかける者もいれば、進歩が招いた人類の危機こそ、人類を救いへと導く鍵だと信じる者もいる。宇宙学者スティーブン・ホーキンス博士は、他の惑星での故郷づくりに目を向け、ヒトゲノムを解読した研究チームの生物学者クレイグ・ベンターは、人類生存のために人工食糧や人工燃料の設計にチャレンジしている。また、著名な環境学者のヴァクラフ・スミルは“持たざる者”が裕福なライフスタイルを目指し“持てる者”が無尽蔵にエネルギーや資源を使い尽くす社会は、やがて大惨事に直面することになると警告。霊長類学者ジェーン・グドール、作家マーガレット・アトウッド、そしてコンゴやカナダ、米国の活動家らは、私たちの知恵と道徳観の進歩に希望を抱いている。

見たい映画に
登録した人
10

作品データ

原題 Surviving Progress
製作年 2011年
製作国 カナダ
配給 ユナイテッドピープル
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 マチュー・ロワ

レビュー

色々な方向に行き過ぎで…ついて行くのがやっとw

投稿者:まこと

(投稿日:2013/5/8)

アップリンク、年間パスポートで鑑賞 実は前日も観たのですが…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サバイビング・プログレス 進歩の罠