ウォーム・ボディーズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウォーム・ボディーズ

2013年9月21日公開,98分
  • 上映館を探す

『ジャックと天空の巨人』で主演を務めるなど、人気上昇中の若手ニコラス・ホルトが人間の女性に恋をするゾンビに扮した、異色ラブコメディ。ゾンビと人間が対立する近未来の世界を舞台に、食べる者と食べられる者という、ゾンビと人間の立場を超えた究極の愛が、軽やかな音楽や笑いとともに描かれる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ゾンビと人間が敵対する近未来。食糧を求め、仲間と街にやってきたゾンビのRは、あろう事か、人間のジュリーに一目ぼれし、彼女を救出して自身の居住区へ連れ帰る。最初は恐れていたジュリーだったが、次第にRの純粋さや優しさに触れ、心を開き始める。ところが2人はやはりゾンビと人間。過酷な現実が彼らを待ち受けていた。

作品データ

原題
Warm Bodies
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
アスミック・エース
上映時間
98分

[c]2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • みるみる

    3
    2020/5/19

    デイヴ・フランコ推しなので鑑賞。とても小気味いい作品でした。ゾンビと人間の恋模様とそれにふれて感情を取り戻していくその他ゾンビ達の団結力。とてつもなく悲しく切ないシーンはありませんし、スプラッタシーンもわずかでサクッと観れてめでたしめでたし。
    私の愛しのデイヴ君が食われてしまったのは悲しいがちょいちょいと素敵な笑顔で登場するので良しとしよう。ジョン・マルコヴィッチも出てたしね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • じゅりえっと ♪

    4
    2014/10/25

    ゾンビぃ~!
    でもでもりっぱな恋愛ストーリーでごじゃいます。
    ジュリーの彼氏の脳みそ食っちゃったRくん。
    彼氏の記憶とリンクしちゃうっ!
    あっという間に恋が芽生えますわね。
    珍しくしげりんとんもはまって見てました。
    そうです!頭を使わなくてもみれますぞ。
    なんでやねぇ~ん!と言いたげなとこもありつつ
    洗濯をしながらでもゆっくりみれた映画でした。(〃艸〃)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    4
    2013/10/7

    冒頭からヘラヘラ笑いこけてしまった。
    ゾンビ愛好家からすると許せない描写が満載なのかもしれないが、
    なんだこれ?面白いじゃない!ゾンビの独り言(聞いたことないし)
    流暢に喋りながら実際は動きがトロくてドン臭いという自虐効果絶大。
    会話っぽいこともする。っていう流れには大爆笑。
    だってゾンビなんだしー^^;

    しかしこれをどう青春映画にするんだろう?と不思議がっていたら、
    すんなりとラブストーリーに転化。ゾンビの一目惚れが初々しく描かれ、
    人間を襲わないゾンビ(彼女だけね)が誕生する。あり得ねぇ~。
    そこからは淡々と人間とゾンビの攻防戦が続いていくんだけど、
    なぜか突然、ロミオとジュリエット形式の甘~い感じにもなる^^;
    あまりに風変わりで不思議な新鮮さに包まれ、こっちまで体温が上がる。

    子役から成長した主役のN・ホルトがとてもいい。
    イケメンながらやっぱり毒舌家の風合いを持っていて楽しみな俳優だ。
    できればH・グラントのように成長してもらいたい。
    監督の代表作「50/50」も、絶望から異色のユーモアを惹きだすことに
    成功したポジティブ作品だったが、
    今作も同様でテーマにブレがなく、最後まで心地良く観ていられる。

    果たしてゾンビは生涯(すでに死んでるけど)人間の敵なんだろうか?
    最後には生死を越えた共存を目指して戦いが壮大化する異色作。

    (でも共存したら何食べるんだろう?まさかゾンビがベジタリアンにはね)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告