江ノ島プリズム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

江ノ島プリズム

2013年8月10日公開,90分
  • 上映館を探す

江ノ島を舞台に、青春時代の無邪気さと挫折、淡い恋心を瑞々しく描き出すタイムスリップ青春ドラマ。原案・脚本は「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の小林弘利。監督・脚本は「旅立ちの島唄 十五の春」の吉田康弘。出演は「図書館戦争」の福士蒼汰、「天国からのエール」の野村周平、「FASHION STORY Model」の本田翼、「マリア様がみてる」の未来穂香。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

城ヶ崎修太(福士蒼汰)、木島朔(野村周平)、安藤ミチル(本田翼)の3人は、小学生の時から仲が良く。何をするにも一緒にいる親友同士。病弱な朔を見守る修太、生意気だが憎めない朔、そんな凸凹コンビに寄り添っていたのが活発なミチルだった。高校2年の冬、イギリス留学が決まったミチルは二人への本当の気持ちを打ち明けられないまま、旅立ちの日を迎えていた。出発当日、想いの綴られた手紙を受け取った朔は急いで空港に駆け出すもそのまま帰らぬ人となり、一人残された修太は朔の死に負い目を感じ、その日から時が止まったかのように2年が過ぎる。いまだに自分を許せない修太は朔の三回忌に出席、そこで行きたい時と場所を思い浮かべればその時代に飛んでいけると書かれた《君もタイムトラベラー》という本を見つける。その付録の時計を馬鹿にしながらも江ノ電に乗り込んだ修太が目を閉じると、突然朔が現れる……。そこは朔が死ぬ前日の“あの日”であった。信じられないという思いのなか、修太は朔とミチルともう一度“あの日”を過ごす。この時計があれば、朔が死なずにミチルも黙って海外に行かず、きっとすべて元通りに出来る……。修太は3人の失われた時を取り戻すため、江の島の“今”と“あの日”を行き来するのだった。そんなある日、自分もタイムトラベラーだという今日子(未来穂香)が現れ、歴史の秩序を崩すと全てが変わってしまう、と修太に警告する……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
ビデオプランニング
上映時間
90分

[c]2013 江ノ島プリズム製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • ひゃん

    3
    2013/9/23

    こういう青春タイムトラベルものには昔から定説があって、
    過去は絶対に変えられない、いや、変えてはいけないといった
    掟がまず存在して、そこを主人公がどうしても助けたい人(恋人や親)
    のために何とかならないかと奔走するところが醍醐味だったりした。
    本作もそういった一種なんだろうと、ほぼ地なのか演技なのか^^;
    分からないユルい3人の演技と青春模様を眺めながら思っていた。

    主人公・修太は自分のせいで、親友・朔が命を落としたと思っている。
    もうひとりの幼なじみ・ミチルが、二人に何も告げずイギリス留学を
    決めて旅立ってしまい、それを追いかけた朔が心臓の病で命を落とす。
    彼が駅まで走ったのは、自分が彼の自転車を借りたせいだと悩む修太。
    本編は、朔の三回忌の朝から幕を開ける。
    この時点で、修太にとっての朔という存在が明らかになる。
    朔の母は修太に逢えたことを非常に喜び、未だ朔の死から醒めていない
    彼の部屋の模様が映し出される。
    決して修太のせいではないからという母親の言葉も、修太にとっては
    やはり重荷だろうな…とこの時点で思う。
    朔の部屋で偶然見つけた「君もタイムトラベラー」という奇妙な本と時計
    によって、修太は過去の二人に逢いに行くことになるのだが…。

    青春モノの範疇を出ない過去の演出は、半ば下らなさと初々しさが
    入り混じった、私からすればこそばゆい感覚のやりとりになったが、
    ここに奇妙な少女が投入され(これが誰なのか)この子がかなり重要な
    役回りを演じることになっていく。これもまた新しい試みだと思った。

    ミチルが何も告げずに旅立った理由は何だったのか。
    タイムスリップを繰り返す修太は朔の運命を変えることができるのか。
    謎の少女・今日子の正体は誰で、彼女が暗示するものとは何か。
    様々な憶測と後半~ラストの緊張感はなかなかで、私もまさか、エ!?
    と思うようなラストとなった。この切なさはどう例えればいいんだろう。

    いかにも青春模様と思える「プリズム」を使った教室でのお遊びなど、
    微笑ましい日記のように描かれているが、若干そのあたりが長くなり、
    早く何とかしろよー。と、飽きてくる場面もあった。
    また後半、タイトルにもなっているプリズムが何か意味を持つのかと
    期待したけれど、そうでもなかったところなど非常に勿体ない。
    もっと三人のこれからに準えるような扱い方をしても良かったのになぁ。
    しかしラストの切なさは、タイムトラベルものの定説を裏切っていない。

    ただ、大変申し訳ないけど私は思ってしまった。
    なんだよ、やっぱりオトコって友情を選ぶわけかよ、って。

    (誰かの運命を変えるということは…っていう内容、ちょっと辛かったな)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ロバくん

    5
    2013/9/21

    SFは好きだけど、肩肘張らずに観れる作品が良い。でも、昨今の作品はやたらごちゃ、ごちゃした作品が多い。肩が凝る。(なかには、設定だけ“未来”とし、その実、単なるアクション、戦争作品で、SFの香織すらしないものもある。)
    でも、この作品は、小作品ながらしっかりSFマインドが根付いており、思い出とは、記憶とは、そして人生とは何かという重いテーマをしっかりと描きながらも、軽妙な展開で、物語を気楽に楽しませてくれる。そして、ず〜んと残る、せつなくて感動・・久しぶりに見つけた、傑作です。
     むかしTVでみたN○Kの少年ドラマシリーズのような、アニメ版「時を変える少女」のような、楽しくて、笑えて、感動もして、ちょっとせつない作品です。
    今年一番のお勧めです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    3
    2013/9/13

    いつもの映画館での上映なのにどういうわけか予告編を見たことが無くて、上映していることはおろか作品の存在も知らなくて、たまたま空き時間があったので見た。
    結末は切ない。
    歴史を変えてしまうと記憶ごとリセットされてしまうって。。。
    修太君、あの浜辺の地縛霊になっちゃったのかなぁ。

    追記
    TOHOシネマズのパスをゲットした為2回目鑑賞。
    あれもこれもミチルが告げるべきことを告げようとしなかったからじゃないか!と腹が立ってしまった。
    2度見るのはお勧めできない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告