映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・パック 餌になる女

ザ・パック 餌になる女の画像

若い女性が立ち寄ったダイナーで監禁され、生きたまま怪物の餌にされそうになるホラー。監督・脚本は、本作が初長編監督作品となるフランク・リチャード。また、江戸川乱歩の小説を基にしたサスペンス「陰獣」やスプラッター映画「屋敷女」のプロデューサーを務めたベラーヌ・フレディアニフランク・リビエールが本作にも参加している。「灯台守の恋」「ロゼッタ」のエミリー・ドゥケンヌが餌になる女性を、「セラフィーヌの庭」「アメリ」のヨランド・モローが怪物に餌を与えようとするダイナーの女主人を、歌手・作曲家で「メトロで恋して」の音楽を担当、俳優としても活躍するバンジャマン・ビオレがヒッチハイカーを演じる。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

シャルロッテ(エミリー・ドゥケンヌ)が車を運転していたところ、マックス(バンジャマン・ビオレ)という男がヒッチハイクをしているところに出くわし、彼を乗せる。二人はダイナーに立ち寄ることにしたが、マックスがトイレに行ったきり戻ってこない。不審に思ったシャルロッテは、マックスを探すために夜になってからダイナーへ侵入。隠された扉を開こうとしたそのとき、何者かに襲われる。気がつくと、シャルロッテは檻に閉じ込められており、ダイナーの女主人スパック(ヨランド・モロー)とマックスが檻の前にいた。彼女同様に捕まっているのは何人かいるようだった。そして満月の夜、シャルロッテたちが吊り降ろされると、得体のしれない怪物たちが近づいてきた。シャルロッテは、自分が怪物たちの餌にされようとしていることに気づく……。

見たい映画に
登録した人
14

作品データ

原題 LA MEUTE
製作年 2010年
製作国 フランス=ベルギー
配給 ファインフィルムズ
上映時間 84
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・パック 餌になる女