TOP > 映画作品を探す > ブルーノのしあわせガイド

予告編を見る
ブルーノのしあわせガイドの画像

ローマを舞台に、気楽な独身生活を送る中年男性が、ある日突然、自分の息子だと知らされた青年と共同生活を送る様子を描いたコメディ。出演は「永遠と一日」のファブリッツィオ・ベンティヴォリオ、本作が映画デビューとなるフィリッポ・シッキターノ。「副王家の一族」などの脚本家、フランチェスコ・ブルーニの監督デビュー作。

3/5
総評価数 18
レビュー 6
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (10)
星3つ 25% (6)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
43

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ローマで独り暮らしを送る独身中年男のブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)は、ゴーストライターとしてタレントの伝記執筆や元教師の経験を生かした補習塾で生計を立てていた。決して余裕のある生活とは言えないが、当の本人にそれほど焦りはない。自由気ままな生活を楽しんでいたブルーノは、ある日、生徒の母親から“自分が留守にする半年の間、一人息子と同居をしてほしい”と依頼される。しかも、その息子ルカ(フィリッポ・シッキターノ)は15年前にブルーノとの間にできた子だと言うのだ。驚愕の事実を知らされながらも、父親であることを告げないまま、ブルーノはルカとの共同生活を始める。音楽とボクシングに夢中で、朝礼には出席しない、教科書を持って行かないなど、学校ではちょっとした問題児として教師を困らせているルカだったが、同居する前から、なぜかブルーノの補習塾には欠かさず顔を出していた。ブルーノはそんな彼を、聡明で愉快な青年だと考えていた。ある日、ルカが通う高校から面談に来るよう連絡を受けたブルーノは、担当教師から“成績が悪く、このままでは落第だ”と聞かされ、ルカと真剣に向き合おうと決意する。まるで父親のようにあれこれ面倒を見るブルーノに最初は反発しながらも、次第に学ぶ楽しさを知ってゆくルカ。その一方、自伝執筆の依頼を受けたポルノ女優・ティナ(バルボラ・ボブローヴァ)の自宅を訪れたブルーノは、ルカと同い年の彼女の息子が、成績優秀でスポーツ万能だと聞き、ますますルカを何とかしなければと考える。同じ時間を過ごすうち、いつしか父と子のような絆で結ばれてゆく2人。だがある夜、勉強の途中で悪友たちと遊びに出たルカは、危険なトラブルに巻き込まれてしまう……。

作品データ

原題 SCIALLA!
製作年 2011年
製作国 イタリア
配給 アルシネテラン
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

雰囲気は良いですが、親子愛は特に感じませんw

投稿者:まこと

(投稿日:2013/5/4)

一見、ライトでコミカルに見えますが、笑いはそれほど多くありま…

[続きを読む]

支持者:0人

しあわせは思わぬところからやってくる

投稿者:yendou

(投稿日:2013/4/23)

個人的に最近、イタリア映画がいい。昨年ベスト10の中にも入れ…

[続きを読む]

支持者:0人

ルカ君が凄く頼もしい。

投稿者:

(投稿日:2013/4/19)

ダラダラだし、留年目前なんだけど、皆の人気者だし、ドラッグは…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ブルーノのしあわせガイド