映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 蠢動-しゅんどう- > レビュー

投稿レビュー(7件)蠢動-しゅんどう-は星3つ

何回も観るべき作品 (投稿日:2014年9月12日)

初めて劇場で観て、衝撃を受けました。
その衝撃がいったい何なのか知りたくて劇場に通いました。
この作品奥深さは1,2回観たくらいで分かるような甘いものではないのです。
時代劇、映画を好きな人には是非観てほしいです。 »ガイドライン違反報告

投稿:いく

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

武士道とは (投稿日:2013年11月10日)


『一命』でも描かれていましたが
筋を通すのが武士とは言えません。
その価値基準は、公儀(幕府)により
決められたもの。藩は、お家大事と
ばかりに、唇を噛みながらも、下級
武士や庶民に犠牲を強いる。

本格時代劇です。時代劇としての質
の高さは『必殺剣鳥刺し』と同じ位
ですが、最後の終わり方が違います。
私はこちらが好きです。 »ガイドライン違反報告

投稿:アベ

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「蠢動ーしゅんどうー」 (投稿日:2013年10月22日)

「自分の観たい時代劇は自分で創る」という信念ものとに生まれた作品。監督のこだわりが随所にちりばめられており、目を離すことができなかった。久しく見ない映画らしい映画。堪能させていただきました。

»ガイドライン違反報告

投稿:haaahaaa

評価:4
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

戦いの中で見える人間の本性 (投稿日:2013年10月22日)

雪原での激しい殺陣や組手のシーンなどたくさんの見所が詰まっている作品だが、なんといっても“お上の命令は絶対”という状況の中での苦悩や葛藤を見事に描いている部分に圧倒された。

武士として生きる男たちの人間としての苦悩がひしひしと伝わってくる作品だ。
»ガイドライン違反報告

投稿:crack

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

それぞれの正義・・・ (投稿日:2013年10月22日)

それぞれの立場で主張する正義。
葛藤、苦悩、そして決断。
本当の正義とは武士道とは・・・男たちの生き様が見事に描かれている珠玉の1本。 »ガイドライン違反報告

投稿:kaaagoke

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

時代劇のルネッサンスと呼べる力作 (投稿日:2013年8月20日)

オールロケによるリアルな臨場感、色彩をぎりぎりまで落としたようなフィルムタッチな映像、パン、ズーム、移動を使わないフィックス撮影などある意味徹底した伝統的手法で作られているのに、それが逆に新鮮に感じた。時代劇のルネッサンスと呼べる力作 »ガイドライン違反報告

投稿:焼津の半次

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

緊迫感と走る、斬る。 (投稿日:2013年7月30日)

前半は「静」の緊迫感、後半は「動」の走る、斬る。
何十年かぶりの本格正統時代劇。
画角、色、音響、音楽が完全に設計され、そこに俳優陣の熱演。
演出、演技に圧倒された。
試写会で観たのだが、劇場でまた観に行く。 »ガイドライン違反報告

投稿:chikaby

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 蠢動-しゅんどう- > レビュー