映画-Movie Walker > 作品を探す > 記者ありき 六鼓・菊竹淳

昭和7年の五・一五事件の後、軍部指示に軒並み舵を切ったマスコミで、ファシズムを痛烈に批判し続けた新聞記者・菊竹淳の姿を描いた再現ドラマ。ディレクターはRKB毎日放送の木村栄文。出演は三國連太郎。第5回放送文化基金賞ドキュメンタリー番組番組賞、1977年度テレビ大賞優秀番組賞、第21回JCJ賞本賞受賞作。2012年2月11日より、東京・渋谷オーディトリウム渋谷にて開催された「公開講座 木村栄文 レトロスペクティブ」にて上映。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

※ストーリーは割愛します。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 The Journalist: Rokko/Kikutake Sunao
製作年 1977年
製作国 日本
配給 RKB毎日放送=映画美学校=東風
上映時間 86
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

ディレクター 木村栄文
構成 鳥山拡
撮影 相本卓郎
編集 粟村皓司
音声 藤木大二郎
朗読 江藤茂利

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 記者ありき 六鼓・菊竹淳