AURA 魔竜院光牙最後の闘い|MOVIE WALKER PRESS
MENU

AURA 魔竜院光牙最後の闘い

2013年4月13日公開,82分
  • 上映館を探す

高校デビューしたはずの男子生徒が魔女の格好をする女子生徒に出会って以来、彼の生活やクラスが大きく変わるラブコメ・アニメ。原作の田中ロミオの同名小説(小学館『ガガガ文庫』・刊)は、星野倖一郎が作画を手がけコミカライズ、『少年サンデーS』(小学館・刊)にて連載となった。監督はテレビアニメ『人類は衰退しました』『神様ドォルズ』の岸誠二。「ももへの手紙」の島崎信長、「劇場版 青の祓魔師」の花澤香菜、「トリコ3D 開幕! グルメアドベンチャー!!」の置鮎龍太郎、「劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君」の稲田徹らが声の出演をしている。制作スタジオは「劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神」のAIC ASTA。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学生のときにいじめられていた佐藤一郎(声:島崎信長)は、普通であることを心がけて無事高校デビューを果たした。ある夜、忘れ物を取りに学校へ忍び込んだ一郎は、青の魔女と出会う。彼女は同じクラスの佐藤良子(声:花澤香菜)。本物の魔女なのかただそんな格好をしているだけなのか判断がつかない一郎。この出会いを境に彼のクラス内での立場が一変。また、同じクラスに潜伏していたという妄想戦士(ドリームソルジャー)たちが名乗り出てきて、一郎の困惑はますます深まる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
82分

[c]2013 田中ロミオ、小学館/AURA FILM PARTNERS [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.6
  • まこと

    4
    2013/5/12

    ここのレビューで想像が付いてましたが…中二病的なストーリーですねw
    序盤から、かなり痛い展開で…もう観てるのがツライほどですw
    これって、ターゲットは誰なんでしょうね?
    もし、中二病の経験者なら、あまりにいたたまれないし、そうでない人なら、到底、理解できる世界ではないように思いますがw

    心がズキズキするのにじっと耐えて、後半まで来れば、何とかなります
    軽く感動できるシーンなんかも…それは、ちょっと言い過ぎかw
    でも、コッチ側とかアッチ側とか…理解できる人には、理解できる話でしょ
    色々と考えさせられる事もあったりして…また観ても良いかな…と思っている僕がいますw
    前半の痛々しさに、また耐えないといけないのがツライですが…

    しかし、クライマックスは…確実に人智を超えた力が働いてるとしか思えないのですがw
    これを中二病の一高校生がやった…だと!?
    …ありえねーだろwww

    まあ、こんな映画を観たらね…中二病患者は、ますます増えるんじゃないかと思う訳ですよ
    でも、これって…ぶっちゃけ、佐藤×2の見た目が、そこそこ良いから成立する話でしょw
    もし2人の容姿が、クラス内で中の下程度だったら…い、痛すぎる;;
    皆さんも自分の容姿とかをよく考えて、勘違いもほどほどにねw

    てか、ぶっちゃけ…中二病なんて、誰に聞いても黒歴史だし、「あれは良い思い出だったな~」って話は聞いた事ありませんからw
    そういうのは、隠しとく方が無難だと思いますよ~

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • graphini

    2
    2013/5/4

    アニオタなら楽しめる。花澤香菜と井上麻里奈だし。
    内容は60分のOVAでも済む感じだけど、そこまで悪くない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YO99

    4
    2013/4/22

    これ予想外れの新鮮な妄想系青春ロマンス学園アニメです。ゲームアニメでも、ファンタジーでも、メルヘンでも、SFでもありません。
    自分の居る“今”に違和感を感じ、周囲との摩擦を生じながらも必死に自分らしく生きようとする、マイノリティ青少年達の葛藤苦悩と繋がりと恋愛の物語です。
    現実と妄想の間を往来し、コスプレやオタク化によって自分なりの折り合いをつける者達。対して異質な者を嫌悪し憎悪し嫉妬し嘲笑し迫害・イジメを繰り返す者達。どちらが正常でどちらが異常なのか?個性と異常の境目は?善悪正邪の境界は?
    葛藤と混乱と苦悩の日々の中で各々の“答=自分”に向かって進もうとする妄想男女の姿がリアルに描かれています。
    画は「P4」流れの森田さんによる比較的柔らかめで肉っぽい感じで、シャープさよりも滑らかさ重視。ややスモーキーなタッチと黄色を重視し、多様な青をコントロールカラーに使っているので、全体的には落ち着きと深みのある映像になっています。
    緑コントロールカラーの「狙われた学園」や、橙コントロールカラーの「スタードライバー」とかと比較してみるのも面白いかもしれません。
    「人と違っていても生きていける、生きなきゃいけない」と支えてくれる素敵なアニメ作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告