映画-Movie Walker > 作品を探す > メモリーズ・コーナー

メモリーズ・コーナーの画像

取材のために神戸を訪ね歩くフランス人女性ジャーナリストと日本人通訳、現地で出会った寡黙な男性の交流を通して、阪神大震災から15年を経過した日本の姿を描き出すドラマ。出演は「譜めくりの女」のデボラ・フランソワ、「ストロベリーナイト」の西島秀俊、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛オドレイ・フーシェの監督デビュー作。

2/5
総評価数 8
レビュー 0
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (5)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フランス人ジャーナリストのアダ(デボラ・フランソワ)は、1995年に起きた阪神大震災の式典を取材するために神戸を訪れる。街は復興を遂げ、誰もがかつての悲劇と決別して豊かな暮らしを楽しんでいるかのようだ。通訳の岡部(西島秀俊)とともに、かつての被災者の家を訪ね歩くアダ。その前に、今でも後遺症に悩む寡黙な男、石田(阿部寛)が姿を現す。頑なな態度を見せる彼の心を開かせようとするアダだったが、岡部は彼が現世の男ではないと忠告。しかし不思議な石田の存在に魅せられた彼女は、取材にのめり込んでゆく。やがて、彼が幻であることを悟ったアダは、岡部の故郷・淡路島の美しい風景の中に、石田の記憶を見出してゆく……。

見たい映画に
登録した人
31

作品データ

原題 MEMORIES CORNER
製作年 2011年
製作国 フランス=カナダ
配給 ディンゴ
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 オドレイ・フーシェ

キャスト

デボラ・フランソワ
西島秀俊
阿部寛

関連ニュース

阿部寛、初フランス映画で「戸惑ったのは孤独死のとらえ方」
阿部寛、初フランス映画で「戸惑ったのは孤独死のとらえ方」(2013年2月23日 03:11)

阿部寛が、西島秀俊と共にフランスの新人女性監督オドレイ・フーシェ監督作『メモリーズ・コーナー』(2月23日公開)に出演。1995年に発生した阪神・淡路大震災から…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > メモリーズ・コーナー