TOP > 映画作品を探す > 戦争と一人の女

予告編を見る
戦争と一人の女の画像

坂口安吾の小説を原作に、故・若松孝二監督の下で映画作りを学んだ井上淳一が監督した官能文芸ロマン。「大鹿村騒動記」の荒井晴彦と「魔法少女を忘れない」の中野太が脚本を担当。戦争に翻弄される3人の男女の運命を映し出す。出演は「ユリ子のアロマ」の江口のりこ、「隠し剣 鬼の爪」の永瀬正敏、「希望の国」の村上淳、「悪人」の柄本明

2/5
総評価数 7
レビュー 1
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
27

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦争末期。時代に絶望し虚無に苛まれる飲んだくれの作家(永瀬正敏)は、自分の欲望に忠実な飲み屋の女将(江口のりこ)と刹那的に同棲を始める。だが、幼い頃に遊郭に売られたその女はどんなに体を重ねても喜びを感じることはなかった。心と体に欠落を抱えた二人は、「戦争が終わるまでやりまくろうか」とただひたすらに相手の体を求め続ける……。そんな中、中国戦線で右腕を失った男(村上淳)が、妻と幼い息子に迎えられ帰ってくる。しかし男が失ったのは、腕だけではなかった。戦場での精神的後遺症から、男は妻と性行為ができなくなっていた。だがある日、焼け跡で数人の男に襲われている女を見つけ、自分が興奮していることに男は気付く。中国で女を犯し、殺した記憶が甦ったのだ。その日から男は「お米が手に入るよ」と言っては何人もの女を山奥に連れ込み、犯し、殺し始める。やがて戦争に翻弄される一人の女と二人の男の運命が交錯していく……。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ドッグシュガームービーズ
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上淳一
脚本 荒井晴彦中野太
企画 寺脇研
プロデューサー 寺脇研片嶋一貴
原作 坂口安吾
撮影 鍋島淳裕
照明 豊見山明長
美術 磯見俊裕
録音 臼井勝橋本文雄
音響効果 伊藤進一
編集 蛭田智子
音楽 青山真治山田勳生
製作主任 田中荘介
キャスティング 門馬直人
助監督 瀬戸慎吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 戦争と一人の女